『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



カンベッチョナイものがたり

大型方言講談絵本「カンベッチョナイものがたり」の原画が、徳島県立図書館のロビーに展示されてました。
カエルがいたので撮影しました。

クロダ・カンベッチョナイ(黒田官兵衛)
ラッチョモネエ・ユキムラ(真田幸村)
ターケ・ノブナガ(織田信長)
方言を操るユニークなキャラクターとして登場する戦国武将。
方言や言葉の持つ力で地域や文化の多様性、そのぶつかり合いで生まれた歴史を知ってもらおうと県立図書館(明石市)の前総務課長、川東丈純さん(52)=4月1日付で県立尼崎工業高校に異動=が企画した絵本の登場人物だ。 (毎日新聞2016年4月12日 地方版より)



カンベッチョナイものがたり
カンベッチョナイものがたり
カンベッチョナイものがたり
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55
藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書
新刊発売中!『かえる文庫1 アート編』
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login