『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



ヘビをたいじしたカエル

ヘビをたいじしたカエル
「こどものとも」通巻676号
作:草山万兎
絵:あべ弘士
発行:福音館書店(2012/7/1)

もんとうのひかりにひきよせられて、たくさんのむしがあつまっていrます。
アマガエルのあまおは、そこでヤモリのりーこと友達になりました。
ある日、二匹の前に突然シマヘビが現れて…。

「もんとう」なんで「ひょうさつのあかり」にしなったのかなぁ~。
もんとう、、、使わねぇなぁ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
「マクベス」特集(参考資料編)
「マクベス」特集(『シェイクスピア物語』編)
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login