『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



となりの蔵のつくも神

『となりの蔵のつくも神』
著:伊藤遊
絵:岡本順

上段の『つくも神』(2004年刊)に改題、加筆訂正、文庫化したものが、下段の『となりの蔵のつくも神』(2013年刊)。


マンションの放火騒ぎの翌日、ほのかはエレベーターの中に、こわい顔をした奇妙な置物があるのを見つけた。
それ以来、ほのかのまわりで不思議な事件が続く。
ほのかはなぜか、古い土蔵がある隣のおばあさん家が気になって…。

『となりの蔵のつくも神』巻末に岡本順氏による描き下ろしの「カエルの人」作品が収録されます。
『つくも神』の方の挿絵もすばらしいんで、両方手に取ってご覧いただくことをオススメします!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
卒論応援団―はじめての「卒業論文」ラクラク基本マニュアル
新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』
カエル (乙女の玉手箱シリーズ)
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
かえるる カエルLOVE111
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login