『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



あまがえる

「かがくのとも」通巻231号_あまがえる
「かがくのとも」通巻231号
作・絵:吉崎正巳
監修:川村智治郎
発行:福音館書店(1988/6/1)

あまがえるを捕まえて観察するっていう単純な話の絵本ですが、
あまがえるの写実が実に愛らしく、きっとこれ、全部色えんぴつで画いてるです。

日本人はきっと、見慣れたニホンアマガエルがかわいいと思う人が多いんじゃないかなぁ。

吉崎正巳氏の超絶描写は『とのさまがえる』、『カエル合戦』でも見られます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
「マクベス」特集(参考資料編)
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login