『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!

翻訳違いで味わう日本語シリーズ!

ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の四大悲劇『マクベス』(wiki)に登場するカエルを紹介する。
原作の戯曲では、一幕一場の魔女のセリフから始まり、四幕一場の鍋で秘薬を調合するシーンに登場。

今回は、一幕一場の魔女のセリフを翻訳者ごとに味わってみよう。

まずは原文から。
『原文で読む シェークスピア 四大悲劇全集』
著:ウィリアム・シェークスピア
発行:ゴマブックス株式会社 (2013/8/13)

Act 1
   SCENE 1. A desert place.
     Thunder and lightning.Enter three Witches
First Witch
 When shall we three meet again   
 In thunder, lightning, or in rain?

Second Witch
 When the hurlyburly's done,
 When the battle's lost and won.

Third Witch
 That will be ere the set of sun.

First Witch
 Where the place?

Second Witch
 Upon the heath.

Third Witch
 There to meet with Macbeth.

First Witch
 I come, Graymalkin!

Second Witch
 Paddock calls.

Third Witch
 Anon.

ALL
 Fair is foul, and foul is fair:
 Hover through the fog and filthy air.

Exeunt


さて、マクベスには計3回「カエル」を表す言葉が登場するのでおさえておこう。(第四幕 第一場はコチラのべージ)
第一幕 第一場は「Paddock」(カエルの古英語、毒性のあるカエルのこと)
第四幕 第一場の1回目は「Toad」(陸をはうカエル、中型で肌が美しくないもの)
第四幕 第一場の2回目は「frog」(飛び跳ねるカエル)
と3回とも同じ単語は使っていない。

この第一幕 第一場は、舞台で幕が開いて最初に観客が目にするシーン。
太字にした
Fair is foul, and foul is fair:
Hover through the fog and filthy air.

は、マクベスの戯曲を代表する名セリフで、日本語にするのに訳者が苦労しているところ。
「f」で始まる言葉が6回繰り返され、1行目の「fair」と2行目の「air」が韻を踏んでいる。
カエルには関係ないけど、読み比べてみると面白い。
ちなみに、これは戯曲なので、目で読むのと声に出して読むのとでは、ずいぶんと印象が違ってくる。
 
「シェイクスピア物語」編はコチラ⇒「マクベス」特集(『シェイクスピア物語』編)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
では、ここからは「戯曲」シェイクスピアを読んでみる。
管理人が初めて戯曲形式でシェイクスピアを読んだのは、高校で演劇部に入ってからだった。

下にいくほど翻訳が古い。

『マクベス』
訳:吉田秀生
発行:晃洋書房 (2013/07)

吉田秀生版マクベスの解説

本書は、『マクベス』を全面的に新訳として見直した。また、注目すべきは巻末収録の解説で、歴史研究に依拠しながら実在するスコットランド王マクベス(在位1040‐1057年)と物語世界のマクベスを比較検証することで、シェイクスピアの『マクベス』の虚像と実像を見定め創作過程を解明した。

なんといいますか、印象としては、先行訳の「マクベス」作品を参考にしすぎましたね。真面目すぎってことくらいでしょうか。

一幕一場
     雷鳴と稲妻。三人の魔女登場。
魔女1
 今度はいつ三人で会う?
 雷、稲妻、それとも雨の中?

魔女2
 どさくさが静まり
 勝ち負けがついたとき。

魔女3
 それなら日暮れ前だ。

魔女1
 どこで会う?

魔女2
 荒れ地でね。

魔女3
 そこで会うおう、マクベスに。

魔女1
 待っていな、灰色猫。

魔女2
 ヒキガエルが呼んでるよ。

魔女3
 すぐに行くよ。

全員
 善は悪、ならば悪は善。
 漂って行こう、濃い霧の中。

                    (一同退場)


『新訳 マクベス』
訳:河合祥一郎
発行:角川グループパブリッシング (2009/1/24)

三人の魔女がデザインの表紙。
この「新訳」は2008年、世田谷パブリックシアターで上演された野村萬斎さん主演のために書かれたもの。
あとがきに稽古場でのエピソードが載っていて

魔女たちがたちが虎猫や蟇蛙を自分の代わりに動かして悪さをさせるというのは、陰陽師が使う式神と似ている
と萬斎さんがご指摘。


映画「陰陽師」をやられた野村萬斎さん発言だが、、、保身のためにカエルを殺した安倍清明、自分は絶対許さない!

第一幕 第一場
     雷鳴と稲妻。三人の魔女登場。
魔女1
 いつまた三人、会おうかね?
 雷、稲妻、雨の中?

魔女2
 騒ぎが終わったそのときに
 戦(いくさ)に負けて勝ったとき。

魔女3
 それなら日没前だろね。

魔女1
 落ち合う場所は?

魔女2
 あの荒地。

魔女3
 そこで会うんだ、マクベスに。

魔女1
 今行くよ、虎猫や。

魔女2
 呼んでるよ、ヒキガエルが。

魔女3
 あいよ!

全員
 きれいは汚い。汚いはきれい。
 飛んで行こうよ、霧と穢れたそらの中。

                    退場


『マクベス (光文社古典新訳文庫)』
訳:安西徹雄
発行:光文社 (2008/9/9)

こちらも表紙は、3人の魔女がモチーフ。
安西徹雄は(Wiki)によると、
演劇集団 円の創立に参加、自身の訳・演出によるシェイクスピア作品を多数上演し、近年ようやく安西訳によるシェイクスピア作品の刊行が始まった。
とある。

第一幕第一場
     荒野。
     雷鳴と稲妻。
     三人の魔女たちが現われる。
魔女一
 いつまた会おうぞ、わしら三人、この次は。雷、稲妻、それとも雨ん中?

魔女二
 戦(いくさ)のどさくさ 終るとき
 勝負に負けて 勝ったとき

魔女三
 それなら、陽の落ちるその前だわな。

魔女一
 で? 場所は、どこ?

魔女二
 荒地だな?

魔女三
 そこで会おうぞ、マクベスに。

魔女一
 今行くよ、猫、グリマルキン。

魔女二
 ヒキガエルめが、呼んどるわい。

魔女三
 今する行くよ。

魔女たち
 晴々しいなら 禍々しい、禍々しいなら 晴々しい
 飛んでいけ 靄と 淀んだ 空気ん中を


     魔女たち、姿を消す。


『マクベス (対訳・注解 研究社シェイクスピア選集7)』
訳:大場建治(Wiki)
発行:研究社 (2004/09)
本書は、1623年出版のシェイクスピア最初の戯曲集に収録された本文を底本として編纂されたテキスト本。
発言者の語尾が一致していなかったり、古風だったりと日本語的にいろいろと違和感のある翻訳になっているが、特に魔女3の
"そこで待っているんだ、マクベスを"
が、ヘンな感じ。
え?だれが?待ってるって?マクベスがその後翻弄される運命が待ってるって意味か?
"待つんだ"なら、発言者が"そう"するのか、と読み取れるが、結局待ってるのは、この魔女たちなのだから、なぜに原書の"meet"を待っているなどと訳すのかわからない。

[1.1]
     雷鳴と稲妻。
     魔女三人登場。
魔女1
 いつまた三人で会うのかのう、
 かみなり、稲妻、雨の中かのう。

魔女2
 今度のどさくさが収まったときだわさ
 戦さが負けて勝ったときだわさ。

魔女3
 そりゃ日の没む前だろうよのう。

魔女1
 場所はどこだね。

魔女2
         あの荒野だよ。

魔女3
 そこで待っているんだ、マクベスを。

魔女1
 すぐ行くよ、灰色猫。

魔女2
           呼んでるな、ひきがえるも。

魔女3
                        すぐ行くよ!

魔女一同
 きれいは、きたない。きたないは、はきれい。
 泳いで行こうよ、霧とよどんだ空の中をよ。

                    [一同退場]


『シェイクスピア全集 (3) マクベス』
訳:松岡和子(Wiki)
発行:筑摩書房 (1996/12)

個人的ですが、助詞でセリフをずらずらと続けない松岡さんの翻訳、好みです。
あとがきには、この「マクベス」を訳すにあたっての苦労や秘話が書かれており、興味深かった。

第一幕
   第一幕 荒野
     雷鳴と稲妻。 三人の魔女登場。
魔女1
 いつまた会おう、三人で?
 雷、稲妻、雨の中?

魔女2
 てんやわんやがおさまって
 闘い、負けて勝ったとき。

魔女3
 ということは、日暮れ前。

魔女1
 落ち合う場所は?

魔女2
 あの荒野。

魔女3
 そこで会うんだ、マクベスに。

魔女1
 いま行くよ、お化け猫!

魔女2
 ヒキガエルも呼んでいる。

魔女3
 すぐ行くったら!

三人
 きれいは汚い、汚いはきれい。
 飛んで行こうよ、よどんだ空気と霧の中。


                  (退場)


『マクベス』
訳:木下順二(Wiki)
発行:講談社 (1988/5/23)

木下順二については、「蛙昇天」をご覧ください。
この本、木下順二訳のシェイクスピア作品、全8巻のうちの最初を飾る第1巻は351ページあり、その3分の2が、論文「マクベス論」で占められている。

1 野外 <第一幕第一場>
     雷鳴と稲妻。
     三人の魔女登場。
魔女1
 この三人、いつまた会おうか?
 かみなり、稲妻、それとも雨の中でか?

魔女2
 どさくさ騒ぎの終わったあとでさ。
 いくさが負けて勝ったあとでさ。

魔女3
 日暮れにならぬ前のあとでさ

魔女1
 所はどこよ?

魔女2
 あの荒れ野よ。

魔女3
 そこで待つのよ―マクベスをよ。

魔女1
 今行くぞ、黒猫や。

魔女2
 ひき蛙も呼んどるわい。

魔女3
 すぐ行くぞいや

三人
 輝く光は深い闇よ、深い闇は輝く光よ、
 浮かんで行こう、よごれた霧の中をよ。


     [一同退場]


『マクベス (白水Uブックス 29)』
訳:小田島雄志(Wiki)
発行:白水社 (1983/10/1)

小田島は、坪内逍遥に続いて個人でシェイクスピア全戯曲を翻訳した人物。

第一幕
   第一場 荒野
     雷鳴と稲妻。
     三人の魔女登場。

魔女1
 いつまた三人で、会うことに?
 雷、稲妻、雨のなか?

魔女2
 どさくさ騒ぎがおさまって、
 戦(いくさ)に勝って負けたとき。

魔女3
 つまり太陽が沈む前。

魔女1
 おちあう場所は?

魔女2
         あの荒野。

魔女3
 そこで会うのさ、マクベスに。

魔女1
 いますぐ行くよ、お化け猫。

魔女2
 ヒキガエルかい。

魔女3
         いま行くよ。

三人
 いいは悪いで悪いはいい、
 濁った霧空飛んでいこう。

                  (一同退場)


『マクベス (旺文社文庫)』
訳:大山俊一(Wiki)
発行:旺文社 (1973/9)
シェイクスピア作品の研究本を除けば、注釈が一番豊富で解説も丁寧。いまいちわからない解説もあるけど、、、。
注釈については「「マクベス」特集(参考資料編)」でどうぞ。

第一幕
   第一場
     雷、稲妻、三人の魔女登場。

第一の魔女
 いつまた会おう三人で?
 雷、稲妻、または雨の中。

第二の魔女
 この混乱動乱の終わった時、
 この戦いに勝ってそして負けた時。

第三の魔女
 それは日の暮れる前。

第一の魔女
 その場所は?

第二の魔女
        ヒースの茂った荒れ野原。

第三の魔女
 そこで会おう、マクベスに。

第一の魔女
 いま行くグレマルキン!

第二の魔女
 パドックが呼んでいる。

第三の魔女
 すぐ行く!

三人
 きれいは汚なく、汚ないはきれい。
 飛んで行こう霧と汚れの空の中。
〔退場〕


『マクベス』
訳:福田恒存(Wiki)
発行:新潮社; 改版 (1969/9/2)
福田版は、セリフを改行しない。
声に出して読む側からすると、見ずらいし、今の時代なら嫌われる脚本家だと思う。(あくまで個人の感想です)

1 [第一幕 第一場]
     場所の指定なし
     雷、稲妻。
     三人の魔女が現れる。

第一の魔女
 いつにしよう、また三人いっしょになるのは、雷、稲妻、土砂降りに誘はれて?

第二の魔女
 騒ぎが終わって、戦ひが敗けて勝って、そのあとで。

第三の魔女
 それなら日暮れまへに片付かう。

第一の魔女
 所は、どこだ?

第二の魔女
 荒れ地がいい。

第三の魔女
 さうだ、さうしてマクベスに会う。

第一の魔女
 すぐ行く、老いぼれ猫め!

第二の魔女
 ひき蛙が呼んでいる。

第三の魔女
 あいよ!

三人
 きれいは穢い、穢いはきれい。さあ、飛んで行かう、霧のなか、汚れた空をかいくぐり。
 (霧のなかに消える)


『マクベス』
訳:三神勲(Wiki)
発行:角川書店 (1968/10/19), 改版初版(1996/12/25)
ちょっと古風な言い回し(訳された年代もあるかもしれないが)、自分の中では「マクベス」翻訳でかなり上位にランクする訳しっぷり。巻末に収められている『魔女とは何か?』も興味深かった。

第一幕
   第一場 荒涼たる原野
     (雷鳴がとどろき、稲妻がひらめく。霧の中に三人の奇怪な女の姿が現われる。集ってなにごとか相談しようとしていたようだが、その相談もどうやら終りに近いらしい)

魔女一
 今度またいつ落ち合おうか、
 かみなり、いなずま、大あめのとき?

魔女二
 あのどさくがかたづいたとき、
 勝ち負けがきまったときさね。

魔女三
 二の入り前にけりはつくさ。

魔女一
 落ち合う場所は?

魔女二
 いつもの荒れ地。

魔女三
 そこでマクベスを待ちうけよう。

     (魔女の使いの魔性の動物どもの呼び声がきこえてくる)

魔女一
 今いくよ、とら(猫)や!

魔女二
 蟇(がま)が呼んでるよ。

魔女三
 あいよ!

三人
 よいことはわるいこと、わるいことはよいこと
 さあ、飛び回ろうよ、霧の中、にごった空気の中を。

     (三人の魔女、霧の中へ消える)


『マクベス (研究社新訳注双書―訳注シェイクスピア選集 (907))』
訳:沢村寅二
発行:研究社出版 (1953/4/1)
自分の中では「マクベス」翻訳不動の1位。
言葉選びのセンス抜群!
シェイクスピアのクラシックさが存分に堪能できる日本語だし、言葉に品がある。魔女のセリフでさえも。

第一幕
   第一幕 荒野。
     雷鳴電光、 三人の妖婆登場。
妖婆甲。
 いつまた三人で会おうか
 雷、稲妻、または雨の中で?

妖婆乙。
 ごたごたが終わったとき、
 戦争の勝負がついたとき。

妖婆丙。
 それは日ぐれ前だろう。

妖婆甲。
 場所はどこで?

妖婆乙。
         荒地の丘で。

妖婆丙。
 そこでマクベスに会うのだ。

妖婆甲。
 今行くよ、灰色猫や!

妖婆乙。
 蟇(ひき)が呼んでいる。

妖婆丙。
 すぐだよ。

一同。
 美しきは醜く、醜きは美し、
 飛びまわろうよ、霧と汚れた空気の中を。


                  [退場。


『マクベス(岩波文庫)』
訳:野上豊一郎(Wiki)
発行:岩波書店 (1958), 初版(1938)

第一幕
            第一場―荒野
     かみなり、いなずま。三人の妖女登場。

第一の妖女
 いつごろ今度はまた出逢おう。
 かみなり、いなずま、雨の中。

第二の妖女
 どさくさごっこが片づいて、
 いくさの勝負のついた時。

第三の妖女
 日の入前にもなるだろう。

第一の妖女
 出逢いの場所は。

第二の妖女
         茂みの野。

第三の妖女
 あそこで逢おうよ、マクベスに。

第一の妖女
 今行くよ、グレイマルキン。

第二の妖女
 蟾蜍(パドク)も呼んでる。

第三の妖女
 あいよ。-

三人の妖女
 きれいはきたない。きたないはきれい。
 雲霧わけて、飛んで行こう。

                     〔退場。



訳:坪内逍遥(Wiki)
初版:『新修シェークスピヤ全集第二九卷』(1935/2/5)

坪内逍遥は、日本で最初に完全な形でシェイクスピアを翻訳した人物。
物語倶楽部のインターネット・アーカイブでは、『新修シェークスピヤ全集第二九卷』(昭和十年二月五日発行)に収められているシェークスピヤ作「マクベス」が読める。
坪内は、何度か翻訳した物を書き直しているので、もっとさかのぼれば、歌舞伎風の言い回しの作品にもであえる。

第一幕
   第一場 荒れ地。
     雷鳴電光。三人の妖巫《ヰッチ》
妖の一
 いつ又三人が一しょにならう、鳴る時か、光る時か、降る時かに?

妖の二
 騷動《ごたくさ》が終《す》んだ時分に、勝敗《かちまけ》の決った時分に。

妖の三
 そいつァ日沒《ひのいり》前だらうよ。

妖の一
 場處は何處で?

妖の二
 例《いつも》の荒れ地で。

妖の三
 彼處《あそこ》でマクベスを待ちうけやう。

     此時、あちこちで此妖巫《ヰッチ》らの使役する魔物の鳴く聲が聞える。

妖の一
 今往くよ、灰毛猫《グレーモルキン》!

妖の二
 蟇《ひき》が呼んでるよ。

妖の三
 あいよ、今直《す》ぐ。

     三人が手を取合って、踊りながら歌ふ。

三人
 清美《きれい》は醜穢《きたない》、
 醜穢《きたない》は清美《きれい》、
 狹霧や穢《きたな》い空氣ン中を翔ばう。


三人ともに入る。


昭和10年出版で、すでに現在の人には読みづらい漢字も多く、電子媒体で読むと、さらにわかりにくい。
でもご安心めされよ!現代語訳が電子書籍で出ておる。
『マクベス 坪内逍遥訳現代語訳版』
訳:坪内逍遥
発行:Incunabula.Inc. (2015/6/14)

★★★おまけ★★★


関連記事
スポンサーサイト
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
「マクベス」特集(参考資料編)
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login