『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



漢詩 (絵で見てわかるはじめての漢文 二巻)

『漢詩 (絵で見てわかるはじめての漢文 二巻)』
監修:加藤徹
発行:学研教育出版 (2014/2/3)

初めて漢文に接する児童・生徒に向けたシリーズ本。
第2巻では、漢詩の歴史や決まりなどを面白く理解し、李白、杜甫、白居易などの名詩を豊富なビジュアルと共に楽しむことができます。

児童書ですが、久々の漢詩を読む大人にとっても、わかりやすく、かつ面白い構成に仕上がっていて、楽しめます。
カエルの登場する漢詩として「天え夢む」が採用されてます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
「マクベス」特集(参考資料編)
「マクベス」特集(『シェイクスピア物語』編)
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login