『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



小茂田青樹 虫魚画巻

『小茂田青樹 虫魚画巻』
絵:小茂田青樹
編集:相原由美
発行:光琳社出版 (1996/12/15)

小茂田青樹の虫魚画巻は、
1931年に画かれた、個人蔵(横須賀美術館寄託)の下絵と、
国立近代美術館が所有する本編の2作の構図がある。

いずれも、蟲を扱っているが、構図が全く違う。
本書は、絵巻状になっている虫魚画巻をアップで鑑賞できる美術本。
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
新刊発売中!『かえる文庫1 アート編』
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login