『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



ピョンとクルリ

『ピョンとクルリ』
作:せきいさお(関功)
美術:人形劇・木ぐつの木
発行:人形劇・木ぐつの木; 初版版 (2009/3/20)

ぼっちのかえる、なまえはピョン。
なかまのかえるが、たのしそうにあそんでいるのに、
どうしても、そのなかに、はいれませんでした。

フェルトのかえるで絵本が構成されている。
裏表紙のかえるのフェルト人形の作り方が、えらくかわいい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
旅かえる実験(20180721_2)
カエルになった王子様
旅かえる実験(20180721)
旅かえる実験(20180718)
旅かえる実験(20180716_2)
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login