『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



日本人に遺したい国語 101歳最後の授業

『日本人に遺したい国語 101歳最後の授業』
著:橋本武
発行:2013/11/27

橋本武氏は、元灘高の国語教師で、中勘助の『銀の匙』を中学3年間かけて読み込むという、独特な国語の授業で話題になった人。
表紙がカエルだったので、読んでみたら、橋本氏はカエルグッズのコレクターだった。
2013年9月11日、101歳で逝去。

もっぱら蛙グッズを集めています。
集めた数は数百以上にも及び、表札に「青蛙人形館」と記し、「青蛙居士」という戒名も自分で考えた程です。




関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55
藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書
新刊発売中!『かえる文庫1 アート編』
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login