『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



こわいい動物

『こわいい動物』
作:ロアルド・ダール
絵:クェンティン・ブレイク
訳:灰島かり
発行:評論社 (2006/10/1)

「カエルとカタツムリ」が収録されている。
言葉あそび詩集。
動物たちがガツガツ食べる話ばかり。

原語(英語)で読むと、きっといっぱい韻を踏んでるんだろうなーと思います。
それを、なかなか苦心して訳されてるご様子。
「カエルとカタツムリ」、日本ではアジサイに似合いそうな生きものですが、これがフランスに渡ると、食べられる対象に!
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55
藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書
新刊発売中!『かえる文庫1 アート編』
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login