『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



田河水泡

田河水泡(wiki)という方をご存知でしょうか?

『のらくろ』で有名な漫画家です。
この方が、おたまじゃくしに足の生えたマークを、サインにしているのを知ったのは、とある美術館で田河水泡の回顧展が開かれている時でした。

「昭和二年に漫画をかき始めた時から、私はサインにオタマジャクシの絵をかいてきた。自分のサインを決めると生涯ついて回るものだが、一生かかってサインが成長し、変化するのも、面白いだろうと思いつき、オタマジャクシにした。はじめは尾だけ出ていたものが、一生の間に手足が出て尾がとれてカエルになるという、気の長い趣向である。」
『私の履歴書(田河水泡)』」



ということで、先日古本市で田河水泡の本を見つけたので、UPします。









関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
卒論応援団―はじめての「卒業論文」ラクラク基本マニュアル
新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』
カエル (乙女の玉手箱シリーズ)
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
かえるる カエルLOVE111
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login