『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



本の探偵事典 どうぶつの手がかり編

『本の探偵事典 どうぶつの手がかり編』
著:あかぎかんこ(赤木かん子)
発行:フェリシモ (2005/5/20)

幼き頃読んだあの本、なんて本だったけ~?
と想う時、頼りになるのが「本の探偵」。
赤木かん子氏が始めた業種(?)であります。

この本は、動物が出てたけどタイトル忘れちゃったヤツを探す手掛かりになる本。
キーワードが出ているので、それを頼りに探します。

カエルは「冷たい生きもの3」のコーナーに。

カエルは、こどもの本の世界では人気役者ですからいくらでも本があります。


と書いてくれてる割には、2冊しか紹介されてない。

ちなみに、図書館の本の分類として、
カエル(両生類)は「487.8」というナンバーに分類されるそうです。
ま、これで探しても「生物」のカエルしかみつからないけどね。

で、なんでか知らんけど、ブタ本の紹介がひいき目に見ても多いwwww
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
新刊発売中!『かえる文庫1 アート編』
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login