『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書

『藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書』
著:3331 Arts Chiyoda、藤浩志 (編集, 監修)
発行:2012/7/15

皆さん、全国で開催されてる「かえっこ」ってご存じですか?
よく防災を学べる「カエルキャラバン」と同時開催されていて「かえっこバザール」と名付けられてることも多いです。
「かえっこ」とは、藤浩志氏HPを引用すると

かえっこはいらなくなったおもちゃを使って子ども通貨「カエルポイント」を使用し、子ども達の様々な自主的な活動を生み出すワークショップです。


流通のしくみや物を大切にする価値観を学習したり、地域住民のコミュニケーションを活性化させたり、「かえっこ」の活用方法はそれぞれです。

そんなアイデアやヒントがたくさん詰まった『藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書』は、
アート系のイベントや、ショップを経営している視点をカエルいいチャンスですよ。
ぜひ、ご購読あれ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
Comments


学部
ジャンル
最新記事
旅かえる実験中(20180617)
旅かえる実験(20180616)
旅かえる実験(20180615)
旅かえる実験(20180614_2)
旅かえる実験(20180614)
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login