『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



五月五日の五毒

5月5日は「端午の節句」「こどもの日」など、気分的には、GWがもうすぐ終わっちゃうのか~な日ですが、もともとは菖蒲(ショウブ)や蓬(ヨモギ)を 軒先にさして、邪気を払う日でした。

奈良時代に中国から伝わった風習で、中国の南、水郷地方では、旧暦の五月ごろになると気温が上がり、人々は疫病の発生を恐れました。
五月五日午(五と同じ発音)の刻に、天地陰陽が交接するとして、端午節と名付け、この日に、サソリ、ヘビ、ムカデ、ガマ、トカゲの五種類の毒虫が集まると考えられていました。

菖蒲や蓬の葉の香りには、害虫駆除の力があるとされ、門口に掛けたのです。

今でも、この日に、町の銭湯では菖蒲湯をしてくれるところがありますが、この五毒などからの病気除けのために入るのですよ、みなさん!
スポンサーサイト
学部
ジャンル
最新記事
新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』
カエル (乙女の玉手箱シリーズ)
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
かえるる カエルLOVE111
儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login