『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



蛙の王女

PB140010.jpg

佐藤春夫(さとう はるお)
明治25年(1892年)~昭和39年(1964年)
和歌山県生まれ。

雑誌『赤い鳥』の大正7年9月号に、ロシアの童話を翻訳した「蛙の王女」を発表したのが、春夫の童話作品の始まりで、その後自分の幼少時代を素材に創作童話、聖書や中国の名作に材とった作品、昔話の翻案、アンデルセやオスカー・ワイド童話から影響を受けたもなど約80近い作品を残した。
スポンサーサイト
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

にんじゃあまがえる

『にんじゃあまがえる (しぜんにタッチ!)』
写真:榎本功
監修:松井孝爾
発行:ひさかたチャイルド (2006/3/1)

‎写真解説つきの「あまがえる」本は数々見てますが、
この「にんじゃあまがえる」は、
あまがえるの特徴をうまい具合に忍者の技として説明してて、
一番気に入ってます。

体の色を変化させる写真が、こんなに多く載ってるのは 初めてみました。

分厚くて、お高いカエル図鑑よりも、こっちのほうがオススメです。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

基本にカエル英語の本 英文法入門シリーズ

『基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1』
著:石崎秀穂
発行:スリーエーネットワーク (2007/7/1)

『基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル2』
著:石崎秀穂
発行:スリーエーネットワーク (2007/9/1)

『基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル3』
著:石崎秀穂
発行:スリーエーネットワーク (2007/10/1)

英文法を理解するための本。
全3巻。
学生当時に、この参考書があったら、もっと英語の授業がんばれたのにっ!!

習ってる当時は、なんでこんな語順になるんだ!?
って理解するのに苦労したけど、社会人になって北京語、スペイン語、イタリア語と勉強していくうちに、日本語の語順が特殊なんだ!ってつくづく思ったのでした。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

パコと魔法の絵本 ガマ王子対ザリガニ魔人

『パコと魔法の絵本 ガマ王子対ザリガニ魔人』
著:堀米けんじ
発行:主婦と生活社 (2008/08)

2004年に舞台初演「ガマ王子対ザリガニ魔人」(←これは観に行ったのだ)の小道具として登場した絵本「ガマ王子対ザリガニ魔人」が本物の絵本になりました!
飛び出す、迫力ある絵本です。

2008年には『パコと魔法の絵本』として映画化(役所広司、妻夫木聡他出演)を記念して刊行された絵本です。

すべてのユーザーが楽しめる!バリアフリーDVD仕様!!
本DVDは、視聴覚障碍を持つ方に『パコと魔法の絵本』を楽しんでいただける音声(本編音声+場面説明音声)や字幕(セリフ字幕+場面説明字幕)を収録。

『ガマ王子vsザリガニ魔人―「Paco パコと魔法の絵本」より』
著:後藤ひろひと
イラスト:たなかしん
発行:求龍堂 (2014/1/1)

こっちは飛び出す仕掛けのないほうの絵本。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

カエルのピング

『カエルのピング』
著:スチュアート・A. ゴールド
訳:伊藤真
発行:幻冬舎 (2006/10)

考え方をカエル、Howto本です。
字がデカイです、サクっと読めます。
この厚みにする必要があったのか?
結局、なにをするにも「行動する」って根本的なことは、ゾウのガネーシャでも教えてくれてる内容です。
だから、今更感がぬぐえません
フクロウの言うことは、ガネーシャより抽象的で読者に判断をゆだねているようです。
その点ピングは、努力家ですが、楽天的っていうか、、、もっとキャラクターを深めれば愛着がわくような感じです。

挿絵のカエルは日本翻訳版のために、全編書き下ろし。
カエル好きには、それを見るだけでも楽しいかも。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

田紳有楽

『田紳有楽』
著:藤枝静男
発行:講談社(1976/5/12)

『田紳有楽』(でんしんゆうらく)は、藤枝静男の私小説とされている、第12回(1976年) 谷崎潤一郎賞受賞作品です。

小説風な書きだしにそって読んでいたのに、10ページ目には、さっぱりわけがわからなくなっているのです。
全くもって筋を追えません。。。
はて、、、自分は、、、今、、、何を読んでいるんだろうか?

内容が難しいというわけでもなく、論文などに出てくる専門用語などでもないのに、難解なのです。
この作家は、いったい何の話を書いているのか?

まぁ、そんなへんてこりんな内容の小説だったのですが、
おおざっぱに「あらすじ」らしきことを書くと
庭の池に沈められた偽焼物たちのモノガタリ
という感じでしょうか。

さて、本当に久々に出合う、ヘンな小説だったので前置きが長くなりましたが、偽焼物たちは「骨董品」らしく偽造されるために池に沈められているのですが、その池にカエルがいるのです。
その描写を抜き出すと

この池には鯉と鮒と駄金にまじって、今年は二十日ばかり前に近くの田圃でとってきた泥蟹一匹、殿様蛙二匹泥溝蛙二匹、それと食用蛙の蝌蚪五匹が入れてある。蛙や蟹は容易に姿をみせないが、蝌蚪は避寒用に沈めてある土管の上に何時もならんで凝っととまっている。普通のおたまとちがって体長が二倍ちかくあり、頭は角張ってゴツく大きく、黄色味がかった背中が胡麻をまいたような斑点で覆われている。ちょっと不気味なところがある。


「泥溝蛙」ってなんでしょうね?
ルビをふっていないので泥溝は「どぶ、どろみぞ」と読むとして、これと「田んぼから捕ってきた」というのだから、ツチガエルあたりではないでしょうか?

さて、ウシガエルのオタマジャクの描写はまだ続きます。

八月の終わりになると池の食用蛙の鰓(えら)の下の方に後肢が生えてきた。冬寒くなると女の児は両方の脇の下に両手首を丸く曲げて入れて暖める、ちょうどそういう格好におたまの肢先きが可愛く内側に曲がっていた。もう土管の上ではなくて底の青ミドロのところに貼りついていて、時々まっすぐに水面までのぼってきてパクリと空気を飲みこんでまた斜めに沈んで行くようになった。九月中旬には先端に水掻きができてそれを不器用に動かしはじめ、続いて首の辺に前肢の芽らしい小疣が生まれた。やがて死に絶えたのか一匹も姿を見せなくなった。


ずいぶん観察しています。
そんなに興味深かったんでしょうか、大きなオタマジャクシが。

鉢植えのまま沈めてある睡蓮の朽葉を根もとから引き抜こうとして手を漬けると、葉のあいだから死んだと思った食用蛙が二匹跳ねだしてきた。前後肢とも完全に生えて力強く、体色の褐味は黄色に近く変わり、背中の斑はまばらとなり、頭が凹凸を持った蛙の顔となっていたが気のせいか滑かにつるつるとした幼さを残していた。見た瞬間何となく異様な感じがしたので、彼等が再び浮いてきて葉の端に両手をかけたところを見ると二匹とも尻尾だけが太く肥えたままの状態で残っていた。長さ三センチちかく、短い後肢のあいだからニューと別物のようにそれが伸びているのを見ると、私は不意に道鏡の少年時代を連想したのであった。


他にも岩屋の奥にいる蛇体に蝦蟇の皮剥きを献上するシーンなんかも書かれています。
この摩訶不思議な『田紳有楽』、普通の小説に飽き飽きしてる方はぜひどうぞ。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

アマガエル

『アマガエル』
写真:栗林慧、草野慎二
監修:日高敏隆
発行:アスク (2007/10)

カエルの「脱皮」といえば、この本が良書です。

カエルが脱皮した皮を食べているシーンが撮影されていて、
すごく貴重だと思います。

話をすると驚かれたり、信じてもらえなったりしますが、
カエルは「脱皮」します。

ヘビなどのように、皮は残らず、自分で食べてしまうので、
カエルが脱皮することは、案外知られていません。

脱皮すると、信じてくれてない友に、ぜひとも見てもらいたい!
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!

『先生、カエルが脱皮してその皮を食べています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学』
著:小林朋道
発行:地書館 (2010/4/17)

カエルが脱皮することを、話のネタに、友人に聞かせるのですが、あんまり信じてくれません。
普通の人は、蛇の脱皮のように、皮が残るもんだと思っているのです。
カエルは、脱皮した皮を食べてしまいます。
幼カエルから、成カエルになるまでに、体の体積変化が大きいヒキガエルとかは、よく脱皮します。

目元をこすりながら脱皮してる様は、なんとも愛くるしいんだけどなーー。

この本は、動物行動学の先生の目線から書かれている、論文ちゅーよりは、エッセイとか、日記とかに近い感じですが、カエルが脱皮しているのを発見した瞬間の興奮は、すっごく伝わってきました。


テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

あたらしいみかんのむきかた

『あたらしいみかんのむきかた』
著:岡田 好弘
イラスト:神谷 圭介
発行:小学館 (2010/11/16)

冬ですね。
皆様の食卓にも「みかん」が登場するころでしょうか。

『あたらしいみかんのむきかた』は、
みかんの皮に切れ目を入れてむくと動物の形になる、
「あたらしいみかんのむきかた」を提案する工作絵本。
25作品が紹介されてます。
そのなかに「かえるのむきかた」があって、
オレンジ色のみかんではなく、ちょっとミドリがかったみかんを使うのがポイントのようです。

宣誓
 わたくしは
   今後
     みかんを
       いや、むけると思われるもの
          すべてにおいてかえるのかたちに
                      むくことを誓います(*'-')ゞ



テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

連続殺人鬼 カエル男

『連続殺人鬼 カエル男』
著:中山七里
発行:宝島社 (2011/2/4)

猟奇的な殺人現場に残された、子供が書いたような稚拙な犯行声明文。
殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。
警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、、、。

どんでん返しっていう意味だと★5つ。
カエル好きの立場から言わせてもらうと、
いったい何種類のカエルの虐殺方法書くんだよっ!!!
って感じ。

後半はず~~~~っとバイオレンス小説でした。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

カエルの子は

『カエルの子は』
著:峰月皓
発行:アスキーメディアワークス (2011/11/25)

もぅ、表紙がかわいいのなんのって!
カエルの着ぐるみアクターのお話。

カエルがメインキャラの遊園地があったら、即面接に行くのに。

着ぐるみ萌えの方は、日野俊太郎氏の『吉田キグルマレナイト』もオススメですよ。
こっちはカエル出てこないけどね。

テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

卒論応援団―はじめての「卒業論文」ラクラク基本マニュアル

『卒論応援団―はじめての「卒業論文」ラクラク基本マニュアル』
著:渋谷恵宜
発行:クラブハウス (2000/07)

本書では、せっぱ詰まってきた学生の皆さんに、実践的に卒論をやっつける方法を紹介しています。また同時に、卒論を書く機会を通じて、卒業した後でビジネスにも役立つような実用的ノウハウを修得することも目標にしています。つまるところ、それはいま大学4年生の皆さんが、小学校から通算16年間に渡って受けてきた学校教育の宿命的な欠陥~教えられた通りにやっていれば、それでいい学校やいい会社に入れて、いい人生が約束されるのだと錯覚させたこと~を、卒論をいいキッカケとして独力でカバーしてしまおうという作戦でもあるわけです。


なんか、すごっく納得いく説明。
研究者や学者にならないんなら、自分の好きなこと書いちゃえば!
みたいなね。

2000年発行だから、情報を入手する参照先は、古いです。
でも、情報収集テクみたいなのは、今でも参考になると思います。

卒論、書くわけでもないですが、カエルなので買っちゃっちゃいました。
第2弾も出ています。
第2弾はカエルが赤いので買いませんでした!

『卒論応援団〈2〉―これで安心「卒論」ラクラク基本マニュアル』
著:渋谷恵宜
発行:クラブハウス (2003/06)
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』

新刊のご案内です。

皆さん、かえるを見るとき、どこをみてますか?
くっきりした目元でしょうか?
愛らしい指先でしょうか?
チャーミングな口でしょうか?

かえる像を鑑賞するポイントはいろいろありますが、今回は蛙の正面顔に注目してみました。
個性的なかえる顔をぜひご覧下さい。

かえる文庫2 蛙顔編

文庫サイズ P35・フルカラー、700円+送料
管理人の独断と偏見で、37カ所のかえる正面顔ご紹介!

ご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
折り返し、冊子代金+送料、入金方法をお知らせいたします。
お問い合わせ
↓↓↓↓↓↓
メールフォーム
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

カエル (乙女の玉手箱シリーズ)

『カエル (乙女の玉手箱シリーズ) 』
監修:自由が丘FROGS
発行:グラフィック社 (2012/9/7)

届いたーーーーーっ!
見たーーーーーーっ!
(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
(≧∇≦*)(≧∇≦*)(≧∇≦*)(≧∇≦*)

カエルグッズや、かえる名所(海外も含む)、カエル映画にカエル絵本に、カエルイベント。
文化的なカエルがまるっとぎっしり!

長年カエルグッズを扱ってる、自由が丘[FROGS]さんの愛情がひしひしと伝わってきます。

そうそう、かえる名所として紹介されている美濃焼のカエルね、
必見ですよ。

自分が造ったこの本にも載せてます。よろしく~。
かえる文庫1 アート編
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!

『絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!』
著:文化出版局
パン製作:いとう みな (自家製酵母パン研究家) (監修, 監修)
発行:文化出版局 (2009/10/23)

見てーーーーこの表紙!
見てーーーーこの表紙!!
見てーーーーこの表紙!!!

見てほしいから3回言っときましたヨ。
へぇあの絵本の『からすのパンやさん」』にかえるパン登場するんですねぇ。
今度、読んでみますね。

『からすのパンやさん』
著:加古里子
発行:偕成社2版 (1973/9/1)

じゃじゃ~ん、読みました『からすのパンやさん』。
そしてショックを受けましたorz
だって、『からすのパンやさん』と『絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!』の表紙のカエルと全然違うぢゃないかっ!
カエル顔だからって、丸パン3つで作ればいいの思っているのか、いとうみな (自家製酵母パン研究家)!
あのかこさんの絵から、なんでこんな顔のかえるパンになるのか、センスがないのかいとうみな (自家製酵母パン研究家)!

な~る、アマゾンで★の数が低いのも納得だわ。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

かえるる カエルLOVE111

『かえるる カエルLOVE111』
著:高山ビッキ
発行:山と渓谷社 (2012/9/21)

アート・人物・民族・日本史・民俗・信仰・慢画・映画・グッズから、国際カエル年報告まで。
カエル文化誌の新しい幕開けです!

かえる名所の画像を提供させていただきました。
いいのか~、なんにもしてないのに(笑)
カエルの文化史、日本を越えて世界のカエル文化に手を広げられた
高山ビッキさんに拍手です!
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55

『儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55』
著:桜井幸雄
発行:2005/06

内容はまぁ、ともかくとして、
表紙は、「カエルさんちのおいしい便り」のマット和子さんなんですよーーー♪
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書

『藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書』
著:3331 Arts Chiyoda、藤浩志 (編集, 監修)
発行:2012/7/15

皆さん、全国で開催されてる「かえっこ」ってご存じですか?
よく防災を学べる「カエルキャラバン」と同時開催されていて「かえっこバザール」と名付けられてることも多いです。
「かえっこ」とは、藤浩志氏HPを引用すると

かえっこはいらなくなったおもちゃを使って子ども通貨「カエルポイント」を使用し、子ども達の様々な自主的な活動を生み出すワークショップです。


流通のしくみや物を大切にする価値観を学習したり、地域住民のコミュニケーションを活性化させたり、「かえっこ」の活用方法はそれぞれです。

そんなアイデアやヒントがたくさん詰まった『藤浩志のかえるワークショップーいまをかえる、美術の教科書』は、
アート系のイベントや、ショップを経営している視点をカエルいいチャンスですよ。
ぜひ、ご購読あれ!
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

好評発売中!『かえる文庫1 アート編』

新刊のご案内です。

2014年に刊行した『かえる旅アート編(「かえる尽くし」シリーズ1)』、ご好評により完売しておりましたが、
この度、フォトブック文庫として改訂版『かえる旅文庫1 アート編』を発行することとなりました。

アート編1
文庫サイズ P35・フルカラー、700円+送料
管理人の独断と偏見で、街中で見られる「かえるのアート作品」29点をご紹介!

ご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
折り返し、冊子代金+送料、入金方法をお知らせいたします。
お問い合わせ
↓↓↓↓↓↓
メールフォーム
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』

かえる名所とかえるグッズの奇跡のコラボ!
絶賛発売中です!

お願いっ!かえる様
『お願いっ!かえる様』(「かえる尽くし」シリーズ2)は、
カエルの縁起物ばかりを集めたお守り図鑑。
P158・フルカラー、2500円


かえる旅こんな処にカエル編
『かえる旅こんな処にカエル編』(「かえる尽くし」シリーズ3)は、
身近な神社やお寺の境内でみられる隠れたカエルにスポットを当てて特集しました。
P44・フルカラー、1000円


上記2冊を通販しています。

1、ご希望の冊子タイトル(「お願いかえる様」「こんな処にカエル編」)
2、希望冊数
をメールフォームからご連絡ください。
折り返し、冊子代金+送料、入金方法をお知らせいたします。
↓↓↓↓↓↓
メールフォーム


通販以外では、長野・松本のナワテ通り、かえるのお店 RiBBiTさん、大阪・中崎町のカエルグッズのお店ひより。さんに置いてあります。(在庫を確認してからご来店ください)

ブログ等で紹介していただきました。
「ぼくらのまいにち」様→かえる秋祭り 2015♪

「修行蛙のカエールテレビ」様→【カエールTV】かえる秋祭り

「カエル日和」様→かえる秋祭り

がぶりえる様→中野かえる秋祭りの戦利品

「ケロる」様→秋祭り戦利品

「カエルすき?」様→こんな処にカエル

「背景雑音」様→新刊2冊

「けろったのカエル活動日記♪」様→ケロ本

「Froggy Queendom」様→かえるブック

「世界のかえる博物館」様→旅行記が届いたので


テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
学部
ジャンル
最新記事
旅かえる実験中(20180224)
旅かえる実験(20180223)
旅かえる実験(20180222_2)
旅かえる実験(20180222_1)
オーバー・ザ・ガーデンウォール
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login