カエルの楽園


著:百田尚樹
発行:2016/2/26

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

憲法九条の拡大解釈とあいまって、かなり話題になりました。
人間社会をひにくってカエルで画くことはこの百田尚樹が初めてではありません。

木下順二の『蛙昇天』
森荘巳知の『かえるの学校』
などがそうです。

とにもかくにも、自分の身を守ることの問題提起としては読みやすく。
けれど時代が下って、憲法九条との結びつきがなくなると、ただの寓話になってしまう危険性もはらんでいます。
スポンサーサイト

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

かえるふくしま


撮影・文:矢内靖史

原発事故から5年。
カエルを通して描かれた福島からのメッセージ。
カエルの目にこの世は、どのように映っているのだろうか。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

かえるさんくわっくわっ

235193.jpg
「こどものとも0.1.2.」通巻245号
作・絵:廣野研一

あまがえるの魅力を、水彩絵具で描いた作品。
カエルの描写に愛情を感じます。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

カンベッチョナイものがたり

大型方言講談絵本「カンベッチョナイものがたり」の原画が、徳島県立図書館のロビーに展示されてました。
カエルがいたので撮影しました。

クロダ・カンベッチョナイ(黒田官兵衛)
ラッチョモネエ・ユキムラ(真田幸村)
ターケ・ノブナガ(織田信長)
方言を操るユニークなキャラクターとして登場する戦国武将。
方言や言葉の持つ力で地域や文化の多様性、そのぶつかり合いで生まれた歴史を知ってもらおうと県立図書館(明石市)の前総務課長、川東丈純さん(52)=4月1日付で県立尼崎工業高校に異動=が企画した絵本の登場人物だ。 (毎日新聞2016年4月12日 地方版より)



R0048625.jpg
R0048629.jpg
R0048627.jpg

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

ひとつ海のパラスアテナ


著:鳩見すた
イラスト: とろっち

蒼い海と、紺碧の空。二つの青が覆う時代、「アフター」。
主人公アキと、オウムガエルのキー船長は、両親の形見・愛船パラス号で大海を渡り荷物を届ける『メッセンジャー』として、生活していた。


実のところ、読了してません。
キー船長、途中でいなくなっちゃったんで。。。
でも、とろっち氏のカエル挿絵見るだけでも、もうけものっすよ。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

カエルと王かん


著:なかじまゆうき
絵:山田真奈未

第30回日産童話と絵本のグランプリ童話大賞受賞作品。
一匹のカエルは、森の入り口でピカピカ光る王かんを見つけました。
仲間のカエルに、ぶどう酒やミミズのフリッター、マントなどを持ってこさせてふんぞりかえります。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

ぴっぽのたび


著:刀根里衣

2012年から2年連続で「ボローニャ国際絵本原画展」に入選。
2013年、日本人としては初めて「国際イラストレーション賞」を受賞。
2014年に“EL viaje de PIPO"(『ぴっぽのたび』)をスペインのEdiciones SMより出版。

ということで、その日本語版であります。
夢を見ることを忘れてしまった孤独なぴっぽ。
ぴっぽと小さな羊は夢探しの旅に出る。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史


著:長谷川政美

第14章「カエルとヒトの共通祖先」
せっかくカエルってタイトルがついてるのに、内容はほぼ鳥類と爬虫類のことばっか。
まぁ、遡り系統樹だから、進化の最終段階から、原始にもどってくるわけだけど、じゃぁ、次の15章はっていうと、すっとんですでに魚類の話。

ちぇ、最初に陸に上がった生物、両生類がこの程度の扱いとは。。。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

Ty Inc.のカエル

TY INC.(タイ インク)は1986年創設のアメリカのぬいぐるみメーカー。
やっぱり、なんか、ニッポンのカワイイとかわいさのベクトルが違うような気がするなぁ。
R0041436.jpg
R0041433.jpg

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

かえるの竹取ものがたり


文:俵万智
絵:斎藤隆夫

歌人の俵万智の文章に、「かえるの平家ものがたり」の斎藤隆夫さんが絵をつけました。

もぅ、カエルしか出てこない、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル、カエル。

斎藤さん、いったい何匹画いたんだろうなぁ~。
すごい!

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

あなのはなし


作:ミラン・マラリーク
絵・穴:二見正直
訳:間崎ルリ子

とても斬新な「あな」が主人公の穴あき絵本。
はじめは靴下にあいただけの小さな「あな」は、誰もつくろってくれないので、とうとう旅に出ることにしました。

初出は、「母の友」1964年6月号(福音館書店)。
1964年作とは、これまた驚き!!

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句


著:マシュー・ゴラブ
絵:カズコ・G・ストーン
訳:脇明子

江戸時代を代表する俳人、小林一茶の生涯を33の俳句を織り交ぜながらわかりやすく物語る、アメリカ生まれのユニークな絵本。
幼くして母と死に別れた一茶は、さまざまな喜びや悲しみを17文字の俳句にこめました。それぞれの俳句には、自然の風景や生きものを愛情こめて描いた美しい絵と、英訳の短い詩をそえます。

カズコ・G・ストーンさん発案による、アメリカ生まれの日本の俳句の本。
カズコさんののびやかな発想が、一茶の俳句ひとつひとつについてます。
カエルの俳句としては、表紙になっている「人来たら蛙となれよ冷し瓜」「云ぶんのあるつらつきや引がへる」が採用されてます。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

テレビで中国語


NHK テレビ
2014年 06月号

表紙にカエルがおりますよ。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

だれも知らない小さな国


著:佐藤さとる
イラスト:村上勉

小学三年生のころ,ぼくは町はずれの小さな山で小人に出会いました。
そのことは自分だけの心の秘密にして成長したぼくは…。

さて、このブルーの表紙でアイヌの小人みないなモノが描かれている「だれも知らない小さな国」という本を、みなさんも一度くらいは、学校の図書室で見かけたことがあるのではないでしょうか?
でも、実際に読んだ方は何人くらいいるんでしょう?
そういう自分も小学校の頃、借りたなーという記憶はあったのですが、肝心のストーリーが全く記憶にないのです。

子どもの頃に印象が強いモノは、わりと記憶に残ってるものですが、どんな話だったのか、全然覚えてない、ということは、子供の頃の自分は、この「だれも知らない小さな国」にさほどの面白さも感じなかったということでしょうか。
----------------

著:有川 浩
イラスト:村上勉
佐藤さとる版コロボックルから有川浩版コロボックルへの橋渡しとなるのが本書、『コロボックル絵物語』です。
佐藤さとる版の文章も少し引用されてるので、あまがえるの皮部分も出てきます。
村上勉さんのカエルは、今回多めに登場!

続きを読む

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

テーマ・ジャンルからさがす乳幼児絵本

26086584_1.jpg
発行:DBジャパン

カエルの作品が43作。
オタマジャクシの作品が2作掲載されています。

「乳幼児絵本」を探すというコンセプトです。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

故事成語 (絵で見てわかるはじめての漢文) 3


監修:加藤徹

「絵で見てわかるはじめての漢文」シリーズ第3弾。
児童書ですが、久しく漢文なるものに接してない大人には、十分勉強になります。

今回は「故事成語」。
大人ともなると、多くの場面で故事成語を耳にしてるのではないでしょうか?
否が応にも、上司が引用してたり、説教臭い同僚が、酒の席で哲学ぶってたり、、、

蛙を勉強していると、辞書にかならず引用されてる言葉があります。
それが「井の中の蛙」。
広い視野がなく、独りよがりな考えしかできないこと、のたとえですが、語源は『荘子』という本です。
この本には、その「井の中の蛙」が書かれてる原書も見ることができるし、声に出して読んでみようってことで、原文にも触れることができます。
イラストも、のほほんとして蛙、我れ関せずという感じでよいです。
故事成語と日本のことわざとの違いにも触れていて、おすすめの一冊です。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

漢詩 (絵で見てわかるはじめての漢文 二巻)


監修:加藤徹

初めて漢文に接する児童・生徒に向けたシリーズ本。
第2巻では、漢詩の歴史や決まりなどを面白く理解し、李白、杜甫、白居易などの名詩を豊富なビジュアルと共に楽しむことができます。

児童書ですが、久々の漢詩を読む大人にとっても、わかりやすく、かつ面白い構成に仕上がっていて、楽しめます。
カエルの登場する漢詩として「天え夢む」が採用されてます。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

虹色いきもの図鑑



「たくさんのふしぎ」通巻346号
文・絵:齋藤槙

貼り絵の手法で動物を描く齋藤槙氏の色あざやかな生きものたち。
ヤドクガエルやアカメガエルが登場してます。
貼り絵とは思えないほどのビジュアルです。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

あめだま 青蛙モノノケ語り


著:田辺青蛙

吸血鬼、鬼、河童、妖怪、虫、魚、仏像、死者、生者、夢、現、、、、、
奇妙な小世界60話。

この中でカエルの登場するのは、「雨月」と「姉妹」。
ことに「雨月」のようなカエルとの出会いをしてみたいです。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

日本人に遺したい国語 101歳最後の授業


著:橋本武

橋本武氏は、元灘高の国語教師で、中勘助の『銀の匙』を中学3年間かけて読み込むという、独特な国語の授業で話題になった人。
表紙がカエルだったので、読んでみたら、橋本氏はカエルグッズのコレクターだった。
2013年9月11日、101歳で逝去。

もっぱら蛙グッズを集めています。
集めた数は数百以上にも及び、表札に「青蛙人形館」と記し、「青蛙居士」という戒名も自分で考えた程です。




テーマ : カエル
ジャンル : ペット

アンデルセン原作「おやゆびひめ」特集

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(wiki)の「おやゆびひめ」を原作としている作品を紹介しています。
下にいくほど日本出版年が古いです。

「親指姫」はアンデルセン童話集第二集として、1835年に発表。
カエルの登場から、スイレンの葉に親指姫を運ぶまでを引用します。
訳者の違いによって、印象がどうかわるのか、お楽しみください。
特に、ヒキガエルの容姿の描写や、息子ヒキガエルの鳴き声にご注目!

ストーリーを忘れてる方は、青空文庫でも読めるよ。→「おやゆび姫

アンデルセンの「親指姫」において、ヒキガエルがこういう扱いになっているのは、彼の信仰と関係があります。
アンデルセンは生涯において聖書信仰を貫き、物語は聖書の教えを象徴して画いています。

聖書において、ヒキガエルは、その不気味さから忌むべき生きものであり、汚れた霊の比喩としてあらわされます。

「親指姫」では、悪い習慣に捕えられ、その汚れの中で居心地をよくさせるような比喩として登場させています。

続きを読む

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

おひめさまとカエルさん


文:ハーヴ&ケーテ・ツェマック
絵:マーゴット・ツェマック
訳:福本友美子

ヨーロッパの民話をモチーフにした話が3話。
おひめさまが困って泣くと、いつだって「どうしたのよ?」と、カエルが助けにきてくる。

どんな話だって、最後はカエルEND!
あ~世界中の民話や昔話が全部カエルEDNで終わればいいのにっ!
日本では2013年出版ですが、イギリスで1975年に出版されたもの。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

でるでるでるぞガマでるぞ


作・絵:高谷まちこ

おじいさんがひろってきたきれいないし。
なんとそれは、ばけものがねむるばけものいしだった!!

ということで、ぶっちゃけいうと、夜な夜なガマに会える石です。
けれども、こんな石を拾うのは、たいていカエルをなんとも思ってない人の場合が多い。
なんて、残念至極なことなのだ。
オレん家にも1個あったらなー。

作者紹介にこんな言葉。

≪ガマ≫とよばれるカエルは、通常、ガマガエル、ヒキガエルをさします。
ふつう、ガマは、足の指が、前4本、後5本ですが、この絵本に登場するガマは、なんと、足の指が、前後とも3本なのです。


ぜひとも作品を読んでご確認あれ!!

ちなみに、「ガマでるぞ」はこれの続編。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

となりの蔵のつくも神


著:伊藤遊
絵:岡本順

左の『となりの蔵のつくも神』(2013年刊)が『つくも神』(2004年刊)に改題、加筆訂正、文庫化したもの。

マンションの放火騒ぎの翌日、ほのかはエレベーターの中に、こわい顔をした奇妙な置物があるのを見つけた。
それ以来、ほのかのまわりで不思議な事件が続く。
ほのかはなぜか、古い土蔵がある隣のおばあさん家が気になって…。

『となりの蔵のつくも神』巻末に岡本順氏による描き下ろしの「カエルの人」作品が収録されます。
『つくも神』の方の挿絵もすばらしいんで、両方手に取ってご覧いただくことをオススメします!!

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

ときめくカエル図鑑


著者:高山ビッキ
写真: 松橋利光

生物学的な基礎知識はもちろん、カエルグッズやカエルツアーなど、カルチャーとしてカエルを楽しむ提案もある
斬新なビジュアル・カエル・ブックです。
Story1:カエルの記憶
Story2:ようこそ、カエルワールド(図鑑)
Story3:カエルとカエルグッズ
Story4:生き物としてのカエル
Story5:カエルと暮らす

かえる尽くし」からも画像を提供しました。
R0032196.jpg
R0032195.jpg

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

バスガエル


作:戸田和代
絵:シゲリカツヒコ

いうまでもなく、カエルたちの憧れの仕事は「バスガエル」です!

全くもって、カエルしか登場しない、カエルだらけの作品ですが、なにがすごいって、小道具、大道具、セットもろもろ、全てがカエルブランド、カエルグッズであふれているのでございます!
この絵本を見ずして、カエル好きは語れないんじゃないですか???

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

東京くらしねっと6月号


(2013年6月号)


(2009年6月号)


(2004年6月号)

東京くらしねっと」機関誌の6月号表紙。
都民のための消費生活情報を提供してる。
表紙の可愛さに反して、わりと真面目な内容。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

週刊文春

R0031179.jpg
2013年6月6日号の「週刊文春」。
つ、ついに、この業界にまで、カエル波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

てか、単に発売が6月6日(かえるの日)だったんで、表紙画いている和田誠氏が気を効かせてくれたのかも。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

おじさんとカエルくん


著:リンダ・アシュマン
絵:クリスチャン・ロビンソン
訳:なかがわちひろ

雨の日のお出かけに文句をいうおじさんと、雨の日のお出かけが大好きな男の子(表紙では、女の子みたいに見えるけど)。
その結末は???

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

カエルのおでかけ


初出「キンダーおはなしえほん2009年6月号」
作・絵:高畠那生


そとはどしゃぶりの“いいてんき”!
カエルはうきうきおでかけです。
ピクニックの、はじまりはじまり~。

やばい、やばい、この絵、このセンス、大好きだぁーーーーーっ!!
高畠那生氏HP
ちなみに彼のお父さんは、絵本作家の高畠純氏。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

田河水泡

田河水泡(wiki)という方をご存知でしょうか?

『のらくろ』で有名な漫画家です。
この方が、おたまじゃくしに足の生えたマークを、サインにしているのを知ったのは、とある美術館で田河水泡の回顧展が開かれている時でした。

「昭和二年に漫画をかき始めた時から、私はサインにオタマジャクシの絵をかいてきた。自分のサインを決めると生涯ついて回るものだが、一生かかってサインが成長し、変化するのも、面白いだろうと思いつき、オタマジャクシにした。はじめは尾だけ出ていたものが、一生の間に手足が出て尾がとれてカエルになるという、気の長い趣向である。」
『私の履歴書(田河水泡)』」



ということで、先日古本市で田河水泡の本を見つけたので、UPします。
0898_15.jpg

R0030234.jpg

R0030235.jpg

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

バムとケロシリーズ


作・絵:島田ゆか

犬のバムとかえるのケロの日常シリーズ。
2011年現在、第5弾まで出てます。
この絵本のなにが楽しいって、バムケロの使う道具や小物が、欲しくなっちゃうことですねっ!

続きを読む

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

三本の金の髪の毛―中・東欧のむかしばなし


訳:松岡享子
絵:降矢なな

日本では、あまりなじみのない、旧チェコスロバキア、ルーマニア、旧ユーゴスラビア、ポーランド、ハンガリーの昔話を、全16編収録。

カエルの登場する話は以下。
「三本の金の髪の毛」(旧チェコスロバキアのはなし)
「水底の主ニッカーマン」(旧チェコスロバキアのはなし)
「カエル嫁」(旧ユーゴスラビアのはなし)

オススメは「水底の主ニッカーマン」。
カエルの子どもの名付け親になると約束してしまった、若いおかみさんの話。
カエルの洗礼式に出席させられて、おたまじゃくしを抱える挿絵がなんともいい感じです。
降矢なな氏にカラーで画いてもらって、額に入れて飾りたいくらい!!

さて、解説が載っていたので、ちょっと転載。

今回の編集作業の過程で「水底の主ニッカーマン」の「ニッカーマン」は、チェコやスロバキアに伝わる水の中の生きもの「ヴォドニーク」であろうことが判明しました。
「ヴォドニーク」は、彼の地では、日本の河童のように、人々には親しい存在で、子ども向けのお話にもよく登場していることがわかりました。
ですが、よく考えた末、今回、この本では従来通り「ニッカーマン」のままにしておくことにしました。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

マルマくん かえるになる


文:片山令子
銅版画:広瀬ひかり

おたまじゃくしのおっぽがのこった、ちいさなマルマくんが、ゆっくりゆっくりかえるになるまでのお話。
がませんせいの蔵書、かえるのことならなんでも書いてある「かえるブック」がぜひとも欲しいっ!
と思うのは、自分だけではないはず。


銅版画家の広瀬ひかりさんの個展に、足しげく通っておりました。
ますますご活躍されているご様子。
いちファンとして、とてもうれしいです。

折しも、この絵本の原画展が開催されていたので、足を運んで、サイン本でこの絵本を入手いたしました。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

沖縄方言

沖縄の土産物屋にある沖縄トラベルサービス発行の「沖縄方言」にカエルを発見しました。

0901_01.jpg
懐かしさ漂うポケットサイズの沖縄方言集。
沖縄とひとくくりに言っても、首里、那覇、山原、宮古、八重山の5つの方言に分かれるそうですよ。

「沖縄方言」は、那覇方言を中心に、日常会話で使える方言や、沖縄独自の呼び名や単語などわかりやすく50音順で紹介。
県内外問わず沖縄方言を勉強したい、もっと知りたいという方へオススメの方言集です。
とのことです。

沖縄は自郷の方言をひとつの観光文化にしている土地ですよね。
空港に降り立つと、すぐに「メンソーレー」って出迎えてくれるし、自販機も沖縄弁(ウチナーグチ)でしゃべってましたよ。

で、カエルは沖縄弁で「アタビチャー」というそうです。
0901_02.jpg

こんなの本の中だけだ、と思うでしょ?
いやいや、フツーに展示のキャプションで使われてましたよ。

0901_03.jpg
葉っぱで織り込んで作るんだって

0901_04.jpg
「アタビチャー」フツーに使われてるっ!!

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

妖怪の日本地図シリーズ


「妖怪の日本地図2 関東」
文:千葉幹夫、粕谷亮美
絵:石井勉

全国300種程いると言われる妖怪を県別にカラー絵で紹介。
妖怪関連の史跡や言い伝え、妖怪出典一覧付。こわくて楽しい日本地図。
妖怪ばなしで「ガマ」が登場。
昔からガマは人に災いをもたらす恐ろしい力があると信じられていたのだとか。(出典「耳袋」)
世界の妖怪では、水に住む妖怪たち特集で、チリのカエルの妖怪、サッポー・フェルソーを紹介。
背中の甲羅が光るヒキガエル。
目に魔力があって、人を引き寄せたり、はねつけたりする。
殺しには焼いて灰にするしかない。


「妖怪の日本地図5 中国・四国」
文:千葉幹夫、粕谷亮美
絵:石井勉

この本によると、山口県に「オオガマ」なる妖怪が。
岩国の奥山に2m40cmもある大きなガマガエルがいて、口から虹のようなものを吐き、これにふれた鳥や虫はみんな呑みこまれてしまうのだとか。(出典「絵本百物語」「甲子夜話」)

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

神社にいこう!

2012年6月、第1回神社検定が開催されました。

わたくし、普段から、神社には、どことなくお世話になっておる節があるので、受験して参りました。
そして、今現在3級保持者でございます。

さて、前回北海道神宮に参拝したおりのこと、拝殿前にこの冊子が置かれていたのでございます。

「神社にいこう!」
0856_01.jpg
0856_02.jpg

な、な、なんぢゃこりゃーーー????

検定受験のためのテキストには、神社本庁がこんな冊子出してるなんてひとことも書いてなかったぞい。
なんだよもぅ、神社にカエルのキャラがいるなら、もっとちゃんと勉強したのに(いや、受かったから別にいいけどさ)。

ということで、神社本庁が発行しているこの冊子は、神社を身近に感じてもらおうと作成しているようで(作成意図は冊子に書かれてない)、神社の達人としてカエルが登場しています。
0856_03.jpg
名前は「ゲタガエル」。
文字通り、下駄を履いているカエルですが、冊子によって語尾が「ケロ」だったり「ピョン」だったり、キャラ設定が統一されてない感があります。(ヒゲが生えてることに関してはスルーです!!)
0856_04.jpg
下駄を履いてる

0856_05.jpg
語尾が「ケロ」

0856_06.jpg
語尾が「ピョン」

今後もこの冊子、発行されるのか、ほんとにもぅ、気になるところです。

皆様も、お近くの神社に参拝の折には、この冊子が社務所などに、こそっと置かれてはいないか、確認してみてください。
そして続編あったよーーーと発見された方は、ぜひご一報を!!

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

決戦! どうぶつ関ヶ原


著・絵:コマヤスカン
監修:笠谷和比古

あの、天下分け目の戦い「関ヶ原合戦」がどうぶつたちを主役として蘇りました。
西軍に陣をとる、小早川ケロッパ秀秋武将は、果たして日本の歴史通り、またまた西軍を裏切るのか?
あるいは、東軍勝利の立役者となるのか!!

松尾山に陣をしいたカエルたちの自由奔放なかえる組のイラストをさぁご覧あれ!

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

楽しみ方いっぱい 作って遊ぶ切り紙の動物園・水族館


著者:大原まゆみ

見てる分には楽しいけど、作るとなるとちと難しい。
切り紙でできるカエルが4種。
まぁP38のグリーンイグアナも中国土産のカエルっぽく見えなくもないので、これを入れれば5種楽しめる。
自分は連結人形のカエルがお気に入り。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

ヘビをたいじしたカエル

ヘビをたいじしたカエル
「こどものとも」通巻676号
作:草山万兎
絵:あべ弘士

もんとうのひかりにひきよせられて、たくさんのむしがあつまっていrます。
アマガエルのあまおは、そこでヤモリのりーこと友達になりました。
ある日、二匹の前に突然シマヘビが現れて…。

「もんとう」なんで「ひょうさつのあかり」にしなったのかなぁ~。
もんとう、、、使わねぇなぁ(笑)

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

不思議の国のアリス


作家:ルイス・キャロル
画:カズモトトモミ
翻訳:山形浩生

インターネット時代にふさわしい新しい訳と描き下ろし挿絵による、ご存知ファンタジーの名作。
訳者山形浩生は、著作権の切れた作品の翻訳をオンライン化して公開する「プロジェクト杉田玄白」の主宰者。
本書はそこに公開されているものの改訂紙版である。
電子版で無料公開したテキストを、さらに本にして売るという自信作。

残念ながら、挿絵にカエル従者は登場しない。(というか人間で画かれてる)
ぶっちゃけ、この方の翻訳は、ヤングアダルト向けかな。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

根付の彫り方


著者:田中俊き

見本として彫る根付にカエルがある。
カエルの根付が彫れる。
カエルの根付が彫れる。
カエルの根付が彫れる。

なんで3回行ったかというと、根付で造られる題材はいっぱいあるのに、本書にかぎってはカエルに特化しておるいる。
3種も彫れる、カエルの根付が3種も!

まぁ、自分で彫らないまでも、着々と根付が出来上がっていく工程が、写真とともに細かく構成されているので、眺めて楽しむのも一興かと。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

ざぜんくん

滋賀県高島市で見つけた、絵本「ざぜんくん」。

お坊さんが、座禅をしている姿に似ているので、ザゼンソウと呼ばれているこの植物は、滋賀県高島市今津町が平地では国内最南端の群生地なのだそうです。
そのザゼンソウをかわいいキャラクターにした「ざぜんくん」にカエルが登場しているので紹介します。

原作は中島和彦さんで、原画はイラストレーターを目指す米川真理江さんです。
残念ながら、本文中にカエルの名前は出てきません。
「第1話 ざぜんくん、びわ湖へ行く」
「第2話 キャッチボールに挑戦。」
の2作が製作(2011年10月現在)されています。
0749_01.jpg
0749_02.jpg

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

5分で立体カード -楽しさひと工夫 タワーからキャラクター、花や虫、動物まで-


著:菊地清

『はさみで5分、初めての立体カード』の続編。
今回は、カッターナイフや、穴あけポンチなども使って、より変化に富んだカード作りに挑戦。
とはいえ道具はどれも、文房具店や100円ショップで入手できるものばかり。
全て実物大の型紙をつけて、作り方のポイントを記しました。

ということで、カエルの立体カードが作れます。
裏表紙貼っときます。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

蝶の目と草はらの秘密


文:ジョイス・シドマン
絵:ベス・クロムス
訳:百々佑利子、藤田千枝

スクラッチボードという技法で描かれた絵だそうですよ。
なんか見慣れないので、不思議な感じがします。
そして、詩句による「なぞかけ」によって、話が進みます。

この絵本を好きだ!なんて子がいたら、すかざず、「シュルレアリスム宣言・溶ける魚」なんてのを与えて、さらに感性を高めてあげることをオススメします。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

ようかいガマとのシリーズ


「ようかいガマとの―おイケにカエる」(シリーズ1)
作・絵:よしながこうたく

学校の帰り、テストを埋めようと穴を掘っていると、
「あれ、こんなところにカエルがいるぞ」
ユウタは寝ているカエルをかどわかして、持って帰ってきました!

この本が大好きだ。
このストーリーは日本でしか、作れないように思う。
泣いてるガマとのさまもなんだか、憎めないくらい可愛いし、オチもなかなかのもんです。
裏表紙と見返し(妖怪図鑑)の画像貼っときます。
そうそう、この本の初版は2011年8月8日発売なのですが、8月8日はなんと「妖怪の日」なのです。
そんなとこのこだわりも含めて、この本が大好きです。

続きを読む

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

おーい はーい


著:和歌山静子

ありが「おーい」と呼ぶと、
ちょうちょが「はーい」と答え、
ちょうちょが「おーい」と呼ぶと、
かえるが「はーい」と答え、
かえるが「おーい」と呼ぶと…

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

鳥獣戯画


構成・文:西村和子
監修:辻惟雄

「鳥獣戯画」絵巻って、長さ10メートルもあるんですね!
「鳥獣戯画 対訳」というだけあって、文字のない「鳥獣戯画」に、無難な文章がついてます。

てか、それならいっそ、美術本の「鳥獣戯画」を買って、自由に発想させたほうが、よくね?と自分は思いますが…。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

まちのいぬといなかのかえる


文:モー・ウィレムズ
絵:ジョン・J・ミュース
作:さくまゆみこ

まちのいぬが、田舎にやってきた。
一匹のかえるに出合った。
そして、季節は移ろいゆく…。

見てくださいよ、この表紙の素敵なこと!!
作者のモー・ウィレムズ氏は、セサミストリートの放送作家をしてたそうですよ。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

B級スポットとして名高い大観音寺には、「蛙の楽団」や「繁盛河童大明神」など管理人オススメのかえる名所でありますが、他にもカエル見つけたので、掲載します。
0609_01.jpg
寺内で発見。ダイソーの箱庭カエル黒版ですな。

0609_02.jpg
売り物。

0609_03.jpg
売り物。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
最新トラックバック