日本人に遺したい国語 101歳最後の授業


著:橋本武

橋本武氏は、元灘高の国語教師で、中勘助の『銀の匙』を中学3年間かけて読み込むという、独特な国語の授業で話題になった人。
表紙がカエルだったので、読んでみたら、橋本氏はカエルグッズのコレクターだった。
2013年9月11日、101歳で逝去。

もっぱら蛙グッズを集めています。
集めた数は数百以上にも及び、表札に「青蛙人形館」と記し、「青蛙居士」という戒名も自分で考えた程です。




スポンサーサイト

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

小さなサトリ―ミニ・エンライトメントが人生を変える


表紙・本文イラスト:下澤ジェニー

挿絵がカエルなのでご紹介。
内容には全くカエルは登場しません。
個人的感想を言うと、

「私は今までに、何人もの禅僧に会いましたが、その人柄に引きつけられるほどの魅力の持ち主に出会うことは、残念ながら、殆どありませんでした。」


などという人が書いた本です。
発言を、そっくりそのままお返ししましょうってくらいの内容です。

テーマ : カエル
ジャンル : ペット

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新コメント
最新トラックバック