『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



このサイトは・・・

『蛙に学ぶ』へようこそ

ここは、
カエルをこよなく愛する管理人が、文化的なカエル情報を集めて独自研究しているサイトです
(カエ~ル大学在籍中)

かえる文学とか
かえる博物学とか
かえる美術史とか
かえる世界史とか
かえる日本史とか

もっぱら文科系ネタが多いです
調べもの大好きです
いっぱい集めてカテゴリ分けするのも好きです
我が家(城!)や図書館にいれば幸せなので、あんまり外出することを好みません
が、
かえる民俗学とか
かえる観光学とか
も研究対象なので、たま~にフィールドワークに出かけます

カエルな名所・観光地・スポット・パラダイスは「かえる観光学」コンテンツからどうぞ。
スポンサーサイト
テーマカエル ジャンルペット

管理人について

2017年になりました。
今年もよろしくお願いします。

ハンドルネーム:
        蛙旅団 (カエル仲間には、なぜか蛙を省略されて「旅団ちゃん」と呼ばれてます)

旅の出発地点:
        東京の区じゃないとこ (多くの湧水が出ていて、水がとってもキレイなの所です)

趣味:
        計画を立てること
        カエル図像象徴研究をすること
        カエル文化史研究をすること (カエル江戸文献を読むため古文書勉強中!)

特技:
        検索 (かえるに関するものをいっぱい集めてカテゴリ分けするのが大好きです)

嫌いなもの:
        残業
        虫 (ムシキラーイ!!)

持ってる資格:
        江戸文化歴史検定2級
        世界遺産検定3級
        神社検定3級
        美術検定4級
        添乗員(旅程管理主任者)
        国内旅行業務取扱管理者
        総合旅行業務取扱管理者

かえる名所巡り開始は:
        2000年9月6日から
        2017年で17年目

テーマカエル ジャンルペット

かえるの本たち

かえるの本だけを集めたカタログってないですよね。
ネコとかイヌなら、愛猫家、愛犬家が創ってそうですけども。

愛蛙家の自分としては、かえるの本のデータベース化をしてやろう!くらいの意気込みで、蛙文化資料集成を作っています。

絵本・児童書の分野に関しては、自分の情報収集だけでなく、かなり強力な助っ人がおるのです。
その方は、カエルグッズコレクターもしており、絵本の収集にも余念がありませんが、いかんせん、ご自分は高齢ということもあり、自分に、かえるが登場する所蔵本の一覧を託されたのであります。

その手書きの資料を、整理しやすいようにデジタル化し、こうして日々サイトにUPしております。
頂いた一覧の総数は600件を超えていました。
今ではネットで簡単に検索できたりしますが、収集を始めた当初は、足しげく本屋に通って入手したに違いありません。

そしてなにより、「カエル」とタイトルに入ってないものは、実際に「読んだ」ということになりましょう。
その行動力頭が下がります。

かえるの本のデータベース化ですので、より広く、またたくさんの情報量が必要です。
もし、みなさまが「カエルが登場する本」(絵本や児童書でなくてもよい)をご存じでしたら、ぜひとも情報を寄せて頂きたいと願っております。
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

マイカエルグッズコレクションについて

このブログには、マイカエルグッズコレクションもUPしています。

カエルを好きになったきっかけは、これといって印象に残ってませんが、最初のころは、カエルグッズを集めていました。

今みたいに、カエルをモチーフにしたモノは、そんなに多くかかったし、土産物屋で見かける程度だったのですが、だんだん時代が進むと、「カエルグッズ」というカテゴリが出来上がってきたのか、すごくたくさんのグッズを見かけるようになってきて、もう、収集も追いつかないので、最近は実用品のカエルグッズを購入して実際に使うことが多いです。

それと、かえる名所をまわるうちに、「カエル+旅」というモチーフに特化したカエルグッズを集めよう という気になって、最近の自分のカエルグッズを言えば、実用品か、旅カエルか、です。

テーマカエル ジャンルペット
学部
ジャンル
最新記事
新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』
カエル (乙女の玉手箱シリーズ)
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
かえるる カエルLOVE111
儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login