『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!

翻訳違いで味わう日本語シリーズ!

ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の四大悲劇『マクベス』(wiki)に登場するカエルを紹介する。
原作の戯曲では、一幕一場の魔女のセリフから始まり、四幕一場の鍋で秘薬を調合するシーンに登場。

今回は、一幕一場の魔女のセリフを翻訳者ごとに味わってみよう。

まずは原文から。
『原文で読む シェークスピア 四大悲劇全集』
著:ウィリアム・シェークスピア
発行:ゴマブックス株式会社 (2013/8/13)

Act 1
   SCENE 1. A desert place.
     Thunder and lightning.Enter three Witches
First Witch
 When shall we three meet again   
 In thunder, lightning, or in rain?

Second Witch
 When the hurlyburly's done,
 When the battle's lost and won.

Third Witch
 That will be ere the set of sun.

First Witch
 Where the place?

Second Witch
 Upon the heath.

Third Witch
 There to meet with Macbeth.

First Witch
 I come, Graymalkin!

Second Witch
 Paddock calls.

Third Witch
 Anon.

ALL
 Fair is foul, and foul is fair:
 Hover through the fog and filthy air.

Exeunt


さて、マクベスには計3回「カエル」を表す言葉が登場するのでおさえておこう。(第四幕 第一場はコチラのべージ)
第一幕 第一場は「Paddock」(カエルの古英語、毒性のあるカエルのこと)
第四幕 第一場の1回目は「Toad」(陸をはうカエル、中型で肌が美しくないもの)
第四幕 第一場の2回目は「frog」(飛び跳ねるカエル)
と3回とも同じ単語は使っていない。

この第一幕 第一場は、舞台で幕が開いて最初に観客が目にするシーン。
太字にした
Fair is foul, and foul is fair:
Hover through the fog and filthy air.

は、マクベスの戯曲を代表する名セリフで、日本語にするのに訳者が苦労しているところ。
「f」で始まる言葉が6回繰り返され、1行目の「fair」と2行目の「air」が韻を踏んでいる。
カエルには関係ないけど、読み比べてみると面白い。
ちなみに、これは戯曲なので、目で読むのと声に出して読むのとでは、ずいぶんと印象が違ってくる。
関連記事
スポンサーサイト
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!

翻訳違いで味わう日本語シリーズ!

ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の四大悲劇『マクベス』(wiki)に登場するカエルを紹介する。
原作の戯曲では、一幕一場の魔女のセリフから始まり、四幕一場の鍋で秘薬を調合するシーンに登場。

今回は、第四幕 第一場の魔女のセリフを翻訳者ごとに味わってみよう。

まずは原文から。
『原文で読む シェークスピア 四大悲劇全集』
著:ウィリアム・シェークスピア
発行:ゴマブックス株式会社 (2013/8/13)

Act 4
   SCENE 1 A cavern. In the middle, a boiling cauldron.
     Thunder. Enter the three Witches
First Witch
 Thrice the brinded cat hath mew'd.

Second Witch
 Thrice and once the hedge-pig whined.

Third Witch
 Harpier cries 'Tis time, 'tis time.

First Witch
 Round about the cauldron go;
 In the poison'd entrails throw.
 Toad, that under cold stone
 Days and nights has thirty-one
 Swelter'd venom sleeping got,
 Boil thou first i' the charmed pot.

ALL
 Double, double toil and trouble;
 Fire burn, and cauldron bubble.

Second Witch
 Fillet of a fenny snake,
 In the cauldron boil and bake;
 Eye of newt and toe of frog,
 Wool of bat and tongue of dog,
 Adder's fork and blind-worm's sting,
 Lizard's leg and howlet's wing,
 For a charm of powerful trouble,
 Like a hell-broth boil and bubble.


さて、マクベスには計3回「カエル」を表す言葉が登場するのでおさえておこう。(第一幕 第一場はコチラのべージ)
第一幕 第一場は「Paddock」(カエルの古英語、毒性のあるカエルのこと)
第四幕 第一場の1回目は「Toad」(陸をはうカエル、中型で肌が美しくないもの)
第四幕 第一場の2回目は「frog」(飛び跳ねるカエル)
と3回とも同じ単語は使っていない。

第四幕 第一場は、魔女の予言を現実にしようと、王を殺害してしまったマクベス。
不安に押しつぶされながらも、あの予言が本当だったのか、再び魔女に会うシーンの冒頭部分。
魔女たちは、マクベスが来ることをすでに知っており、マクベスが魔女に何を要求するのかも知っている。
その準備にカエルが2回登場する。
2回とも魔女の作る大鍋の具にされているが。。。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

「マクベス」特集(『シェイクスピア物語』編)

翻訳違いで味わう日本語シリーズ!

ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の四大悲劇『マクベス』(wiki)に登場するカエルを紹介する。

原書の戯曲では、一幕一場の魔女のセリフから始まり、四幕一場の鍋で秘薬を調合するシーンに登場。

今回は翻訳者ごとに味わってみよう。
とその前に、このページは入門編。

かくいう管理人も、初めてシェイクスピアを読んだのは、子供用にアレンジされた「物語」を中学生だったか小学生の高学年の時だった。
実家の本棚に「シェイクスピア物語」というタイトルで、表紙はモーゼの十戒みたいな荒れ狂う波間におやじが立ってる(たぶんあらし=テンペストのイメージ)、、、というように記憶している。
数話入っていて、まぁ表紙にある、あらしは入っていたんだろうが、覚えておらず、真夏の夜の夢が入っていたのだけは覚えてる。

今なら翻訳者を真っ先に確かめるのだが、その当時は訳者違いで作品が一変する!などとは知る由もなく。
けれど、シェイクスピア物語なのに、作者が「ラム」って人だったったことだけは覚えているだっちゃ。
「シェイクスピア物語」は、1807年に刊行されたラム姉弟の合作で、シェイクスピア作品(戯曲)20編を物語化(散文)したもの。


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

魔女っこ姉妹のヨヨとネネ

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』
監督:平尾隆之
上映時間:100分
初公開年月:2013/12/28
声の出演: 諸星すみれ ヨヨ 、加隈亜衣 ネネ

徳間書店発行のコミック雑誌「月刊COMICリュウ」で連載され、キャラクターデザイナーひらりんのオリジナルコミックス「のろい屋しまい」を原作とし劇場アニメ化。
魔法や呪いを掛けたり解いたりすることを生業とする人々が住む魔の国でのろい屋を営む姉妹・ヨヨとネネの不思議な冒険を描く。

ヨヨとネネの家にくらすカエルのニルス。
魔の国の近くにある剣の国の兵隊でネネを慕っている。
かつて世界を救った勇者の孫だが、その際に呪いを受けた影響で彼も呪われている。
うっかりかけたネネの魔法によってカエルの姿になってしまった。






関連記事
テーマ映画 ジャンル映画

魔女のビール

イギリスのビール「魔女のビール」なるものを見せてもらう。
魔女のビール
魔女のビール
(2008/8/10) 撮影
関連記事
テーマカエル ジャンルペット

魔女がいっぱい

『魔女がいっぱい』
作:ロアルド・ダール
絵:クェンティン・ブレイク
訳:清水達也、鶴見敏
発行:評論社 (2006/2/1)、初版(1987/04)

ほんものの魔女は、子供をモウレツに憎んでて、腹わたがにえくりかえるように憎んでて、子供をひとりひとり消してしまおうと企んでいて、そればかりを一日中考えている。

カエルが三匹、ベッドの下から、ぴょんぴょん出てきた。じゅうたんの上にうずくまって、大きな黒い目で、ぼくを見つめていた。ぼくも、見返した。あの大きな目は、ぼくが、今まで見た目のなかでは、いちばん悲しい目だった。ぼくは、ふっと思った。このカエルたちは、大魔女につかまる前は、きっと子どもだったんだろう。ぼくは、びんをだきしめて、カエルを見つめながら立っていた。
ちょうど、そのとき、ドアのかぎがまわる音が聞こえて、ドアがぱっと開き、大魔女が、しずしずと部屋にはいってきた。

カエルたちは、あわててぴょんとひととびして、また、ベッドの下へはいっていった。
ぼくは、ベッドの脚かげから、そっとのぞいてみた。三匹のカエルたちは、ベッドの下のなかほどに、いっしょにかたまっていた。カエルたちは、ネズミのように、かくれることも、すばやく走ることもできない。かわいそうなカエルたちにできることといえば、かなり、ぶかっこうに、ぴょんぴょんはねまわるだけ。
「ちゃんとそこにいりゅざんすね、ちびガエリュちゃん。今晩あたくしが寝りゅまで、そこにいてもいいざんず。そのこりょになったりゃ、あんたりゃを、窓かりゃ投げだしてやりゅざんすかりゃね。そうしたりゃ、あんたりゃ、カモメの夕食になりゅざんす。」



自分は、この表紙の方が印象深いです。小学校の図書館にありました。

関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

魔女学校シリーズ

『魔女学校の一年生―ミルドレッドの魔女学校〈1〉』
作・絵:ジル・マーフィ
訳:松川真弓
発行:評論社 (2002/07).初版(1987/4/10)

ミルドレッドはカックル魔女学校の一年生。
でも学校一の劣等生で何をやってもドジばかり。
とうとうハロウィーンのパーティを台無しにしてしまい…。
イギリスで20年以上に渡って愛され続けている人気シリーズ第1作。

「あんたをカエルにしちゃうか。わたし、そんなことしたくないのよ」
エセルはキャーキャーわらいだしました。
「おもしろいじゃないの。おまじないなんて、なんにも知らないくせに。できるものなら、やってごらんなさいよ」
ミルドレッドまっかになりました。そして、すこし、悲しそうに見えました。
「やんなさいよ、さあ!」
エセルが、キーキーいいました。
「やってごらんなさいよ。あんたが、そんなにおりこうさんだっていうのなら、わたしをカエルにしてみせてよ。待ってるわよ」


「ハロウィーンの祝賀会に続く朝は、正午まで、学校中がねむるんだよ。それがきまりで、あの学校は、きまりにすごくやかましいのさ。どんなに早くたって、12時5分前までは、だれもおきてきやしないよ。校庭のかげにしのびこめば、音もきこえないしさ。それに、すがたをけしてしまおうよ。そうすりゃ、ぜったい安全さ。あとは、手わけしてそれぞれのへやにしのびこみ、みんなをカエルにしちゃうまで、消えたままでいりゃいいのよ。だれか目をさましたって、見えやしないんだから。箱を持っていくのを忘れちゃいけないよ、カエルを入れるんだよ」


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

ゆかいなゆうびんやさん―おとぎかいどう自転車にのって


作・絵:ジャネット&アラン・アルバーグ
訳:佐野洋子
発行:文化出版局 (1987/10/1)

昔話の主人公たちに、ゆうびんやさんが手紙を配達します。
隔ページの封筒にお便りが入っています。
カエルが登場するのは、魔女へのDMです。
魔女なべセットを買うと、穴の中のカエル料理の作り方がついてきます。
粉末ガエルもお買い得。水をまぜるだけでカエルになります。携帯に便利www
満足できない場合は返金してくれるそうですよ。
ああ、うらやましいなぁ、自分とこにもこのDM来ないかな~。



関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

まじょのひ―パプア・ニューギニアの昔話

『まじょのひ―パプア・ニューギニアの昔話』
再話:大塚勇三
画:渡辺章人
発行:福音館書店 (1997/11/15)

人間にたのまれて、魔女から火をとってくる約束をした動物たちの追いかけっこ!
カエルに、なぜ尻尾がないのか、の由来譚が明らかに!!!
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

ぞくぞく村シリーズ


ぞくぞく村の魔女のオバタンの使い魔 (ぞくぞく村のおばけシリーズ12)
作:末吉暁子
絵:垂石真子

今回は、四匹の魔女の使い魔が主人公。
魔女のオバタンといつもいっしょの使い魔、ネコのアカトラ、コウモリのバッサリ、とかげのペロリ(いつも尻尾がないので、ヒキガエルのイボイボよりカエルに見える!)、ヒキガエルのイボイボ。

ぞくぞく村のおばけシリーズで、一番カエルが活躍してると思われるのは、この巻。



ぞくぞく村の雨ぼうずピッチャン (ぞくぞく村のおばけシリーズ11)
作:末吉暁子
絵:垂石真子

今回の主人公は、かわいい顔したいたずらっこ雨ぼうずピッチャン。
ぞくぞく村シリーズに新たなカエル、ピッチャンの友達、雨がえるのピョンが登場!!


これら以外の巻でも、ちょいちょいカエルが登場するので、全巻通して読んでみると面白いよ。



関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

小さな魔女のカプチーヌ


作:タンギー・グレバン
絵:カンタン・グレバン
訳:江國香織

魔女メガンのもとで、魔法の勉強をはじめたカプチーヌ。
でも、呪文をまちがえて、料理番のニコラを小さなりゅうにかえてしまい…。

表紙見開きに、ビンの中に入ってるカエルの挿絵があるんですが、
あのビンの口だと、カエルは入らないし、
でもカエルはビンの中から、こっち見てるみたいだし。。。
ああ、気になるなぁ。
あのカエル、ビンの中に閉じ込められてなければいいんだけど~。
と思いながらページをめくるといいですよ。


関連記事
テーマカエル ジャンルペット

えほん 魔女のひみつ


作・絵:コリン・ホーキンス
訳:岩田佳代子

魔女とは?
魔女のファッション
魔女の勉強
魔女流病気のなおしかた
魔女の年中行事
など魔女の日常生活を、楽しいイラストで紹介。

魔女とカエルは切っても切れない縁なのです。
魔女は、人間をあっという間に、ネコやヒキガエルやコウモリにかえてしまうからです。
これが王子様の場合、もちろんのことですが、アマガエルにかえます!
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

まじょのくに


「こどものとも」通巻507号
作・絵:油野誠一

おばあさん魔女の、折れたほうきの柄を直してあげたヒロミちゃんは、おばあさん魔女と一緒に魔女の国へ。
魔女の女王から、ご褒美にもらったほうきに乗って、夢中になって遊びますが…。

作者の油野さんは小さい時から「飛びたい」という願望が強く、よく夢を見たそうです。
そしてヒロミちゃんにその願望を託し、絵本の中で自由に飛び回ってもらったそうです。

「まじょのくに」はこの話の続編。

関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

魔女ジェニファとわたし

『魔女ジェニファとわたし (岩波少年文庫) 』
作・絵:E・L・カニグズバーグ
訳:松永ふみ子
発行:岩波書店; 新装版 (2001/5/18)


ニューヨーク郊外の小学校に転校してきたばかりのエリザベスは、ハロウィーンのおまつりの日に黒人の少女ジェニファと出会いました。
自分は魔女だというその風変わりな少女とエリザベスは、秘密の約束をかわします。

まるまる一章カエルに割かれた章があります。

8 三月のヒキガエル
「きょうはヒキガエルをもってきたわ。」
てにのせてさしだしました。たいして大きくありません。はじめ、わたしは模型屋で売っているプラスチックのかと思いました。
ところが、このヒキガエルはうごいたのです。
「どこでとったの?」わたしはききました。
「魔女はいつでもヒキガエルをもっているのよ。」ジェニファはこたえました。「ヒキガエルが第一の原料よ。」


このあと、このヒキガエルは名前がつけられ、マクベスに登場する魔女たちがしたようになります。
ヒキガエルの運命やいかに!

ぜひ、この名作、手にってお読みください。
カニグズバーグの挿絵でもヒキガエルが楽しめますよ。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
学部
ジャンル
最新記事
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
「マクベス」特集(参考資料編)
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login