『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



カエルの楽園

『カエルの楽園』
著:百田尚樹
発行:新潮社 (2016/2/26)

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

憲法九条の拡大解釈とあいまって、かなり話題になりました。
人間社会をひにくってカエルで画くことはこの百田尚樹が初めてではありません。

木下順二の『蛙昇天』
森荘已池の『カエルの学校』
などがそうです。

とにもかくにも、自分の身を守ることの問題提起としては読みやすく。
けれど時代が下って、憲法九条との結びつきがなくなると、ただの寓話になってしまう危険性もはらんでいます。



関連記事
スポンサーサイト
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!

翻訳違いで味わう日本語シリーズ!

ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の四大悲劇『マクベス』(wiki)に登場するカエルを紹介する。
原作の戯曲では、一幕一場の魔女のセリフから始まり、四幕一場の鍋で秘薬を調合するシーンに登場。

今回は、一幕一場の魔女のセリフを翻訳者ごとに味わってみよう。

まずは原文から。
『原文で読む シェークスピア 四大悲劇全集』
著:ウィリアム・シェークスピア
発行:ゴマブックス株式会社 (2013/8/13)

Act 1
   SCENE 1. A desert place.
     Thunder and lightning.Enter three Witches
First Witch
 When shall we three meet again   
 In thunder, lightning, or in rain?

Second Witch
 When the hurlyburly's done,
 When the battle's lost and won.

Third Witch
 That will be ere the set of sun.

First Witch
 Where the place?

Second Witch
 Upon the heath.

Third Witch
 There to meet with Macbeth.

First Witch
 I come, Graymalkin!

Second Witch
 Paddock calls.

Third Witch
 Anon.

ALL
 Fair is foul, and foul is fair:
 Hover through the fog and filthy air.

Exeunt


さて、マクベスには計3回「カエル」を表す言葉が登場するのでおさえておこう。(第四幕 第一場はコチラのべージ)
第一幕 第一場は「Paddock」(カエルの古英語、毒性のあるカエルのこと)
第四幕 第一場の1回目は「Toad」(陸をはうカエル、中型で肌が美しくないもの)
第四幕 第一場の2回目は「frog」(飛び跳ねるカエル)
と3回とも同じ単語は使っていない。

この第一幕 第一場は、舞台で幕が開いて最初に観客が目にするシーン。
太字にした
Fair is foul, and foul is fair:
Hover through the fog and filthy air.

は、マクベスの戯曲を代表する名セリフで、日本語にするのに訳者が苦労しているところ。
「f」で始まる言葉が6回繰り返され、1行目の「fair」と2行目の「air」が韻を踏んでいる。
カエルには関係ないけど、読み比べてみると面白い。
ちなみに、これは戯曲なので、目で読むのと声に出して読むのとでは、ずいぶんと印象が違ってくる。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!

翻訳違いで味わう日本語シリーズ!

ウィリアム・シェイクスピア(1564-1616)の四大悲劇『マクベス』(wiki)に登場するカエルを紹介する。
原作の戯曲では、一幕一場の魔女のセリフから始まり、四幕一場の鍋で秘薬を調合するシーンに登場。

今回は、第四幕 第一場の魔女のセリフを翻訳者ごとに味わってみよう。

まずは原文から。
『原文で読む シェークスピア 四大悲劇全集』
著:ウィリアム・シェークスピア
発行:ゴマブックス株式会社 (2013/8/13)

Act 4
   SCENE 1 A cavern. In the middle, a boiling cauldron.
     Thunder. Enter the three Witches
First Witch
 Thrice the brinded cat hath mew'd.

Second Witch
 Thrice and once the hedge-pig whined.

Third Witch
 Harpier cries 'Tis time, 'tis time.

First Witch
 Round about the cauldron go;
 In the poison'd entrails throw.
 Toad, that under cold stone
 Days and nights has thirty-one
 Swelter'd venom sleeping got,
 Boil thou first i' the charmed pot.

ALL
 Double, double toil and trouble;
 Fire burn, and cauldron bubble.

Second Witch
 Fillet of a fenny snake,
 In the cauldron boil and bake;
 Eye of newt and toe of frog,
 Wool of bat and tongue of dog,
 Adder's fork and blind-worm's sting,
 Lizard's leg and howlet's wing,
 For a charm of powerful trouble,
 Like a hell-broth boil and bubble.


さて、マクベスには計3回「カエル」を表す言葉が登場するのでおさえておこう。(第一幕 第一場はコチラのべージ)
第一幕 第一場は「Paddock」(カエルの古英語、毒性のあるカエルのこと)
第四幕 第一場の1回目は「Toad」(陸をはうカエル、中型で肌が美しくないもの)
第四幕 第一場の2回目は「frog」(飛び跳ねるカエル)
と3回とも同じ単語は使っていない。

第四幕 第一場は、魔女の予言を現実にしようと、王を殺害してしまったマクベス。
不安に押しつぶされながらも、あの予言が本当だったのか、再び魔女に会うシーンの冒頭部分。
魔女たちは、マクベスが来ることをすでに知っており、マクベスが魔女に何を要求するのかも知っている。
その準備にカエルが2回登場する。
2回とも魔女の作る大鍋の具にされているが。。。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

「マクベス」特集(参考資料編)

「マクベス」を特集するにあたって、いろいろ勉強したので、その資料です。

「マクベス」特集(『シェイクスピア物語』編)
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

お庭番望月蒼司朗参る! 夜の散歩と空飛ぶカエル

『お庭番望月蒼司朗参る! 夜の散歩と空飛ぶカエル』
著:流星香
イラスト:榊空也
発行:2015/10/15

お庭番シリーズ第二弾。
主人公望月蒼司朗は、夜の帝都で起きている謎の生物事件を調査をすることに。
飼い主たちが散歩中に“空を飛ぶカエル”を目撃したとか、、、!?

ちなみに自分は、カエルにしか興味ないのでこのシリーズの1作目は読んでないんですが、
まだ2作目なの、登場人物たちの相関関係は説明されてます。
なので、だいたいわかる。
さて、“空を飛ぶカエル”の正体やいかに!!??
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

ゲコ太

『とある科学の超電磁砲(レールガン)』の主人公・御坂美琴が好きなカエルキャラ(ゲコ太)。
立川市は『とある魔術の禁書目録』『とある科学の超電磁砲』に登場する舞台(聖地)として観光誘致しています。
D00001498.jpg


関連記事

蛙昇天

「蛙昇天」上演期間:2015年3月15日
場所:りゅーとぴあ
観劇日:2015/3/15

第4回新潟演劇祭で上演された「蛙昇天」見てきました。
原作は、木下順二作「蛙昇天」。
蛙昇天

以下は、かえる通信103号に寄稿した、日本カエル文学史『蛙昇天』と『蛙昇天』観劇感想です。

関連記事
テーマカエル ジャンルペット

ひとつ海のパラスアテナ

『ひとつ海のパラスアテナ』
著:鳩見すた
イラスト: とろっち
発行:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015/2/10)

蒼い海と、紺碧の空。二つの青が覆う時代、「アフター」。
主人公アキと、オウムガエルのキー船長は、両親の形見・愛船パラス号で大海を渡り荷物を届ける『メッセンジャー』として、生活していた。


実のところ、読了してません。
キー船長、途中でいなくなっちゃったんで。。。
でも、とろっち氏のカエル挿絵見るだけでも、もうけものっすよ。

関連記事
テーマカエル ジャンルペット

くノ一忍法帖 自来也秘抄

『くノ一忍法帖 自来也秘抄』
監督:津島勝
製作国:日本
初公開年月:1995/05/06


オリジナル・ビデオで人気を博した「くノ一忍法帖」シリーズの劇場版。
豊臣秀頼の子供を宿すくノ一の物語を描いた、山田風太郎原作のエロティシズム小説が原作。
冒頭に歌舞伎の児雷也でガマ登場。





関連記事
テーマ映画 ジャンル映画

あめだま 青蛙モノノケ語り

『あめだま 青蛙モノノケ語り』
著:田辺青蛙

吸血鬼、鬼、河童、妖怪、虫、魚、仏像、死者、生者、夢、現、、、、、
奇妙な小世界60話。

この中でカエルの登場するのは、「雨月」と「姉妹」。
ことに「雨月」のようなカエルとの出会いをしてみたいです。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

箱入り息子の恋

『箱入り息子の恋』
監督:市井昌秀
出演:星野源、夏帆
上映時間:117分
初公開年月:2013/06/08
メディア 映画


自宅と職場の市役所をただ行き来する日々を送っている天雫健太郎(星野源)は、内気で愛想がなく、唯一の趣味はペットのカエルだけ。
見かねた両親は親同士が婚活する“代理見合い"に参加し、今井家の美しい一人娘・奈穂子(夏帆)とお見合いするチャンスを掴んでくる。

主人公が自分の殻を破る心情が、アクアリウムで育てられてるカエルとリンクさせて表現に幅を持たせいる。
のだけれど、中盤からは、ちょっとダルダルな話の展開で、ぶっちゃけ117分同じようなテンションで持っていくには長すぎる。



関連記事
テーマ映画 ジャンル映画

猫の水につかるカエル

『猫の水につかるカエル』
著:川崎 徹
発行:講談社 (2009/10/27)

タイトルにまでしたカエルだが、作中には一部しか出てこない。

プラスティックの弁当箱は、猫の飲み水用としてそこに置いてあった。
(略)
だが、いつの間にかカエル用になっていた。
どこから現れたのか、ある日大小二匹のカエルが水につかっていた。
背中は赤っぽい茶色で、図鑑にあたるとニホンアカガエルとあった。
小判形の弁当箱は二匹が入るとかなり窮屈そうだった。
交互につかればよいものを、いつも一緒に入っていた。
夫婦に違いなかった。
近づいても逃げる素振りはなく、かと言って挨拶するでもなく、無表情につかり、ゲゲッと鳴いた。



ヒキガエルならまだしも、アカガエルが入っていたというのは、考えられないし、逃げないというもの事実ではないかもしれないが、本来使用するべき相手ではないモノが使用している点が、著者の当時の心境の置き換えなのかもしれない。

このエッセイは2本立てで、どちらも猫を中心とした作品。
1本目の作品を本にして出したいために2本目が書き下ろされた、、、という感じの一冊である。

川崎は、以前にも『カエルの宿』(文芸春秋 1986.7)というエッセイを出している。


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

絵本版 ガマの油

『絵本版 ガマの油』
監修:役所広司
原案:役所広司、中田秀子
絵:角一彦
発行:光文社 (2009/6/3)

2009年6月6日に全国公開された映画『ガマの油』の絵本版。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

阿房列車

『阿房列車 1号』
著:内田百けん
絵:一條裕子(コミック版)
発行:小学館 (2009/2/24)

蛙が登場するのは「鹿児島阿房列車」。

隧道を出たと思ふと、線路の近くで蛙の鳴いてゐる声が聞こえて来た。
蛙の鳴く時候ではあるし、夜ではあり、さうだらうと思った。
放心した気持ちで、聞くともなしに聞いてゐたが、暫くすると、或はさうではないかも知れないと思ひ出した。


という蛙ネタの出だし部分を引用しましたが、この「蛙」は実はなんだったのか!!?
というのは、読んでお確かめくださいませ。

百けんの少しわがままで、小気味よい文章が、あっという間に読み終わらせてくれますよ。


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

カエルと殿下と森の魔女―緑竜亭繁盛記

『カエルと殿下と森の魔女―緑竜亭繁盛記』
著:橘柑子
イラスト:堤利一郎
発行:エンターブレイン (2005/2/1)

第6回「えんため大賞」優秀賞受賞作。
闇の森のほとりにある《緑竜亭》の看板娘のリュンは、闇の森の住人相手に今日もてんてこまい。
そんなある日、麗しき騎士様が訪れ、愛しの姫にかけられたカエルの呪いを解いてくれというのだが……。



大賞受賞作にこんなことをいうのもなんですが、
主人公、看板娘リュンの一人称で語られるこの作品、リュンのセリフから考え方からココロの中のツッコミまで、全部
おばさんくさい
なんだろう、、、ハチャメチャぶりを演出したいのだろうけど、それのせいでいっそうリュンが暴力的でガサツな印象に。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

こわい話をしてあげる

『こわい話をしてあげる』
著:中井紀夫、黒崎緑、石塚京助、結城真子
発行:角川書店(1991/9/1)

4つのアンソロジーからなる一冊。
結城真子著の「優しい友人」にカエルのネタが少し登場するので、メモがてら。

「思うに、卵って言葉に過剰反応するんだね。
こういうこともあったよ。
子供の時分、カエルの卵をうちに持って帰ったことがある。
母は悲鳴をあげるなり、足で踏みつけてめちゃくちゃにしちゃった。
足で地面に磨りつけ、ひいひい言ってた。
半狂乱だったね」

「母は、何十匹ものカエルがこの世に生れる機会を奪った。
そんな権利は彼女にない。
あるはずない。
誰にもない」

「そりゃ、優しいこったな。
俺が子供ん頃は、カエルのケツにストロー突っ込んで、風船ごっこ、やったけどな」



カエルはカタカナで卵を漢字で並べて表現するのは、なんか違和感がある。
生物のカエルの場合、タマゴはやはりカタカナがいい。
まぁ、ここでは鶏の「卵(玉子)」の会話だから、同じ「卵」って表現にしたんだろうけどさ。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

ブンナよ、木からおりてこい


『ブンナよ、木からおりてこい』
著:水上勉

「ブンナよ、木からおりてこい」は、昭和47年3月に書き下ろして、新潮社の「少年文庫 第8巻」に入れた「蛙よ、木からおりてこい」を書きあらためたものである。
初版の時は、低学年の子には難しいと思われる漢字が入っていて、読みずらかったと思えたので、全体に読みやすくするために、手も入れ、書きくわえもして、漢字をいくらか少なくした。


木の上に登ってしまった蛙が見た食物連鎖の結末とは!


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

秘密の秘密

アルスナル図書館(フランス)に所蔵されている写本2350番
『秘密の秘密』という本の第5章に「不可視」の秘密が画かれている。

つまり、透明人間になって、普段は入れないような場所に現れてみたり、立ち入ってみたりできる!という。
それは、以下の呪文を唱えさえすればよい。
唱え続けること。
ラテン語で唱えないと効果がない。

ということで「以下の呪文」などと書いたが、ここでは書きませんよ。

忘れては困りますが、ここはカエルネタしか画いてないブログですので、重要なのはこっからです。

いつくかの魔法書によると、コウモリ、黒メンドリ、カエルの心臓を右腕にかかえても、やはり非常にたやすく自分の姿を消すことができる!!!

まじかーーーーーーっ!

カエルの心臓を右腕に

カエルの心臓を右腕に

カエルの心臓を右腕に

カエルの心臓を右腕に

カエルの心臓を右腕にっ!!!

まぁ、中二病の方に安易にやられても困るので言っときますが、くれぐれも無益な殺生はしないようにお願いしますっ!!
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
学部
ジャンル
最新記事
卒論応援団―はじめての「卒業論文」ラクラク基本マニュアル
新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』
カエル (乙女の玉手箱シリーズ)
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
かえるる カエルLOVE111
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login