『蛙に学ぶ』

小難しく言うと、「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



カエルボン


プリンツ21の雑誌goodiesの特別版、丸ごと一冊カエルの本が発売されました。
発売元:プリンツ21
タイトル:カエルボン
定価:1300円

オールカラーです。
プレゼントも盛りだくさん。
カエルグッズコレクターにはたまらない内容になってます。
goodiesは通常雑誌扱いだけど、今回は書籍になるので、売り切れるまで本屋さんにあります。

その中に「蛙百景」という企画が載っており、かえる名所の画像を提供しました。
プリンツ21出版のカエルボン
カエルボンの蛙百景
カエルボンを本棚に入れてみた
我が家の本棚に入れてみた
スポンサーサイト

☞ こんな記事もあります
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

わが友 かえる100態

わが友かえる100態_秋山隆司
『わが友 かえる100態』
コレクション:秋山隆司
写真撮影:秋山隆司
発行:2000/4/14

カエルコレクターが、自らのコレクションを撮影した私家本。
1枚1枚の写真にタイトルと素材、作家名、サイズなどが記されていて、カエル好きは思わず笑みがこぼれそうな写真集になっとります。

☞ こんな記事もあります
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

けろけろ



『けろけろ』(1997/7発行)
『けろけろコミックス』(2000/10発行)
著:矢島さら

かえるグッズの紹介から、かえるマンガ、かえる川柳、かえる小説、ことわざ、ポエム、かえる絵画まで、かえるの世界をすべて網羅!
矢島さら氏のやりたかったことを、やっちゃいました!愛がひしひしと伝わってくる一冊。
6月6日を「かえるの日」に制定したのも、矢島さら氏。
続編が「けろけろコミックス」。

当時、矢島さら氏の「けろけろ」出版を記念して、池袋のパルコで、カエルグッズコレクションの展示が行われてました。
ええ、観に行きましたが何か?ww

この頃からだと思います、グッズの展示だけて客が集まられるんじゃないかな~的な企画が始まったのは。





☞ こんな記事もあります
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

蛙かえるカエル

蛙かえるカエル_秋山龍
『蛙かえるカエル』
コレクション:秋山龍
写真撮影:末安祥二
発行:毎日新聞社(1992)

秋山龍(とおる)氏のカエルコレクション写真集。
なんにもコメントとかなく、ただカエルグッズの写真がずーーーーーーーっと並んでいる。
入手先でも書かれてれば、後世の人が集めるのに役立つんんだけど、それもなし。
もうひと工夫欲しいところ。

☞ こんな記事もあります
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
学部
ジャンル
最新記事
このサイトは・・・
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
第三十三回 四国こんぴら歌舞伎大芝居
カエルの楽園
かえるふくしま
カウンター
楽天
参加してます!

Archive RSS Login