『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



うどんの国の金色毛鞠トレインに乗りました!

偶然に『うどんの国の金色毛鞠』(wiki)のラッピング電車に乗りました。
ポコちゃんが、カエルを手に乗せてました。
うどんの国の金色毛鞠トレイン



関連記事
スポンサーサイト

魔女っこ姉妹のヨヨとネネ

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』
監督:平尾隆之
上映時間:100分
初公開年月:2013/12/28
声の出演: 諸星すみれ ヨヨ 、加隈亜衣 ネネ

徳間書店発行のコミック雑誌「月刊COMICリュウ」で連載され、キャラクターデザイナーひらりんのオリジナルコミックス「のろい屋しまい」を原作とし劇場アニメ化。
魔法や呪いを掛けたり解いたりすることを生業とする人々が住む魔の国でのろい屋を営む姉妹・ヨヨとネネの不思議な冒険を描く。

ヨヨとネネの家にくらすカエルのニルス。
魔の国の近くにある剣の国の兵隊でネネを慕っている。
かつて世界を救った勇者の孫だが、その際に呪いを受けた影響で彼も呪われている。
うっかりかけたネネの魔法によってカエルの姿になってしまった。






関連記事
テーマ映画 ジャンル映画

田河水泡

田河水泡(wiki)という方をご存知でしょうか?

『のらくろ』で有名な漫画家です。
この方が、おたまじゃくしに足の生えたマークを、サインにしているのを知ったのは、とある美術館で田河水泡の回顧展が開かれている時でした。

「昭和二年に漫画をかき始めた時から、私はサインにオタマジャクシの絵をかいてきた。自分のサインを決めると生涯ついて回るものだが、一生かかってサインが成長し、変化するのも、面白いだろうと思いつき、オタマジャクシにした。はじめは尾だけ出ていたものが、一生の間に手足が出て尾がとれてカエルになるという、気の長い趣向である。」
『私の履歴書(田河水泡)』」



ということで、先日古本市で田河水泡の本を見つけたので、UPします。










関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

NARUTO

0357_03.jpg
0357_04.jpg
(2012/10/8) アニメ制作会社の多い中野区で見つけたポスター











関連記事

輪るピングドラム

『輪るピングドラム』(まわるピングドラム)
2011年7月から12月まで毎日放送(MBS)他で放送されたブレインズ・ベース製作の日本のテレビアニメ作品。

随所にカエルが登場。
高円寺のかえる公園や、中央図書館のシーンでは『カエル君○○を救う』という題の本が無数に並んでいたりする。

【輪るピングドラム】「カエル」 関連画像と考察





関連記事

へうげもの 第9話「非情のライセンス」/第26話「呪われし夜」

『へうげもの』(読みはひょうげもの)。
山田芳裕による日本の漫画作品を原案としたアニメ。

第9話「非情のライセンス」に、あの有名な伝承、唐銅香炉『三足ノ蛙』が、本能寺の変の前夜に信長の危機を知らせるかのように突然、鳴き出した!
という話が登場。

織田信長「香炉の蛙が鳴いたというのか」
-----------------------------------
第26話「呪われし夜」には、高山寺(京都)の鳥獣戯画が登場。


関連記事

阿房列車

『阿房列車 1号』
著:内田百けん
絵:一條裕子(コミック版)
発行:小学館 (2009/2/24)

蛙が登場するのは「鹿児島阿房列車」。

隧道を出たと思ふと、線路の近くで蛙の鳴いてゐる声が聞こえて来た。
蛙の鳴く時候ではあるし、夜ではあり、さうだらうと思った。
放心した気持ちで、聞くともなしに聞いてゐたが、暫くすると、或はさうではないかも知れないと思ひ出した。


という蛙ネタの出だし部分を引用しましたが、この「蛙」は実はなんだったのか!!?
というのは、読んでお確かめくださいませ。

百けんの少しわがままで、小気味よい文章が、あっという間に読み終わらせてくれますよ。


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

児雷也がまにのって

『児雷也がまにのって』
絵・文:飯野和好
発行:フェリシモ (2008/7/29)

飯野氏の賛辞が巻末に載ってます。

この絵本は、私がこどもの頃、夢中になって読んだ漫画、
『猿飛佐助』や『少年児雷也』の作者、
杉浦茂さんに敬意を表して作りました。



関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

『スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン』
著者:林晃、松本剛彦、森田和明
発行:グラフィック社 (2005/10/1)

やっと世の中がカエルに追いついてきたようです。
ジャパニーズカルチャーの、マンガでさえ、カエルを画かないとなれないのです。
いっしっし(´艸`*)
本書で、この表紙のイラストデッサンできますよ。

関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

ホラーマンガの逆襲-かえるの巻

『ホラーマンガの逆襲-かえるの巻』
編集:唐沢俊一
発行:光文社 (2000/9/15)


唐沢俊一が選んだ貸本時代のホラーマンガ(編者曰くB級ホラー)のアンソロジー。
1996年4月に「カルトホラー漫画秘宝館 かえるの巻」としてネスコから刊行されたものを改題して文庫化したもの。

収録:
「みな殺し」(いばら 美喜)
「足」(岩井 しげお)
「口裂け女」(さが みゆき)
「尼寺の妖怪」(好美 のぼる)
「大いなる文明」(山上 たつひこ)
「守護神」(落合 二郎&サツキ 貫太)
「メーキャップ」(関 すすむ)
「私は知っている」(多摩 海人)

全編かえるの逆襲かというと、かえる作品は1作しか入ってない。
そしてその1作品は、ホラー作品ではない。(もっというとタイトルも明かしませんw)
なのに、編者が「かえるの巻」としたのは、よっぽどおもしろかったか、姉妹編の「みみずの巻」とセットタイトルにしたかったのか。

いや、でもかえる作品面白かったですよ、編者のあとがきの言葉を借りれば

二重三重に読者を驚かす趣向は作者の撥刺な才気が感じられる。





関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
学部
ジャンル
最新記事
新刊発売!『かえる文庫2 蛙顔編』
カエル (乙女の玉手箱シリーズ)
絵本「からすのパンやさん」のパンをつくろう!―Have Fun With Bread!
かえるる カエルLOVE111
儲かるリフォーム―マンションの資産価値をアップする鉄則55
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login