『蛙に学ぶ』

「かえる」についてのさまざまな知見を得て、さらに「かえる」が人間文化とどのように関わっているのか、を調べています



東京くらしねっと6月号

東京くらしねっと2013年6月号
(2013年6月号)

東京くらしねっと2009年6月号
(2009年6月号)

東京くらしねっと2004年6月号
(2004年6月号)

東京くらしねっと」機関誌の6月号表紙。
都民のための消費生活情報を提供してる。
表紙の可愛さに反して、わりと真面目な内容。
関連記事
スポンサーサイト
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

週刊文春2013年6月6日号

週刊文春2013年6月6日号
2013年6月6日号の「週刊文春」。
つ、ついに、この業界にまで、カエル波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

てか、単に発売が6月6日(かえるの日)だったんで、表紙画いている和田誠氏が気を効かせてくれたのかも。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

リンパを流すと健康になる

『リンパを流すと健康になる』
著者:大橋俊夫
発行:PHP研究所 (2010/11/16)

「リンパ」という物体について、いろんな観点から論じた、なんか、エッセー風な健康書。
この第1章に「砂漠に住む奇妙なカエル」という項目があります。

オーストラリアの砂漠に住んでいるカエルが、なぜに環境の厳しい温度差のある砂漠で生きてゆけるのか、「リンパ」ネタを通して論じております。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

絵ごころサンド

『絵ごころサンド―かわいいパンが大集合!』
著者:苺ママ、りよ
発行:旭屋出版 (2009/10/1)

キュートなカエルが表紙だったんで、思わず見入ってしまいました。
いろんな動物サンドが作れる、アイデアレシピ。
もちろん表紙になってるカエルバーガーのレシピも載ってる!
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

カエル探偵局

「カエル探偵局」はJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が発行する無料の刊行物。
0221_01.jpg

(JOGMEC HPより)
石油や金属などの資源について知識を深めていただく際に各教育団体や学術施設でご活用いただいております。
カエル探偵局の各シリーズ(A5版12ページ)を無償にて提供しておりますので、学校教育や課外活動の補助としてご利用ください。
現在6冊まで刊行。

【2017/5/3 追記】
JOGMECの刊行物ページから、跡かたもなく消え失せてるみたいなので、記録のため、表紙と表題を貼っておきます。


関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

カール大辞典

カールおじさんが表紙のTV番組雑誌に、特集されてました。
裏表紙もカールおじさんです。
カールおじさんと一緒にいるのがあの菓子業界のカエルでは超有名な「ケロ太」です。
カールおじさんとケロ太カールおじさんとケロ太
(2005/5/25) 撮影

「ケロ太」プロフィール
中学生くらい。(←えっ?マジで?)
いつも生意気な目でおじさんの行動を観察している。
雨の日が大好きで、おらが村カエル合唱団のリーダー。

CMプロデューサーの高杉氏談によると、
「おじさんは色々な役ができるんですよ(中略)。
あと大きかったのが、おじさんの周りになんとなくまとわりついているケロ太。
彼が人気の後押しをしてくれたんですよ。(中略)
いやぁ、でもやっぱり面白いのはおじさんとケロ太ですよ。
この2人を使えば面白いことができそうですよね。」

プロデューサーに気に入られてる「ケロ太」!
これからも「ケロ太」の活躍から目が離せない。

今年、カールは「カールなつかCM」を放送するそうです。
1974年4月製作の初代CM「おらが春篇」から「ケロ太」は登場してます。
見逃すな!!





関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌

かえるの本たち

かえるの本だけを集めたカタログってないですよね。
ネコとかイヌなら、愛猫家、愛犬家が創ってそうですけども。

愛蛙家の自分としては、かえるの本のデータベース化をしてやろう!くらいの意気込みで、蛙文化資料集成を作っています。

絵本・児童書の分野に関しては、自分の情報収集だけでなく、かなり強力な助っ人がおるのです。
その方は、カエルグッズコレクターもしており、絵本の収集にも余念がありませんが、いかんせん、ご自分は高齢ということもあり、自分に、かえるが登場する所蔵本の一覧を託されたのであります。

その手書きの資料を、整理しやすいようにデジタル化し、こうして日々サイトにUPしております。
頂いた一覧の総数は600件を超えていました。
今ではネットで簡単に検索できたりしますが、収集を始めた当初は、足しげく本屋に通って入手したに違いありません。

そしてなにより、「カエル」とタイトルに入ってないものは、実際に「読んだ」ということになりましょう。
その行動力頭が下がります。

かえるの本のデータベース化ですので、より広く、またたくさんの情報量が必要です。
もし、みなさまが「カエルが登場する本」(絵本や児童書でなくてもよい)をご存じでしたら、ぜひとも情報を寄せて頂きたいと願っております。
関連記事
テーマカエルの本 ジャンル本・雑誌
学部
ジャンル
最新記事
新刊発売中!『かえる文庫1 アート編』
『お願いっ!かえる様』と『かえる旅こんな処にカエル編』
カエルの楽園
「マクベス」特集(一幕一場編) どう訳す?あの名セリフ!!
「マクベス」特集(四幕一場編) 大鍋でグツグツっ!
カウンター
楽天
参加してます!
応援してます!
「学び」「考え」「続ける」時間の中に飼っているカエルたち―それが、カエル・チャレンジャーズ!

Archive RSS Login